国立市、府中市にかけてNIKEリアクトインフィニティランFKのランニングアート

NIKE REACT INFINITY RUN FK
NIKEリアクトインフィニティーランフライニットのGPSアート

ランニングアート53コース目の今回は国立市・府中市にかけて描いた「NIKE リアクト インフィニティーラン・フライニット」。今回は東側の一部に府中市を使ったルートで、武蔵台公園で森の中を進むトレイルランのような景色で気持ちいいランニングとなった。

ランニングアート情報

NIKE リアクトインフィニティーランフライニット
NIKE リアクトインフィニティーランフライニット

前回のハトRUNから5キロほど減ったものの、ハーフマラソン同等の20キロ級。25キロもあったハトRUNほどの体調崩れはなかったので、自分のペースで走ることができた。

ルート名NIKEリアクトインフィニティランFK
距離19.5k
タイム(サブ6)2h44m

スポンサードリンク

ランニングルート公開

今回も思い切って、AppleWatchRUNGOはを使わず、起動したiPhoneアプリは、RunGoNRC、の2本のみ。ミスの確率が高いアクティビティーも使わず、この2本での出発が増えている。

ルート共有

こちらのルートはアプリ「RunGo」にて公開中です。スマホにアプリインストールしたら下の使用方法で音声ナビ付きで誰でもランできます。

RunGo
ルート使用方法
  1. 事前にスマホにRunGoアプリをインストール
  2. スマホで下記リンクをクリックし、RunGoアプリに切り替わる(「Viwe RunGo App」クリック)
  3. ルート右上の「❤︎」タップで「マイルート」に登録される
  4. RunGoのルート検索「マイルート」タブからこのルート選択後「ラン開始」。

ランニング中の府中市の風景

今回はシューズのかかと部分で府中市を通り、いつもの国立市とは違う風景で新鮮な気持ちでランできました。特に、武蔵台公園のランニングは、まるで静かな山林の中をを走っているようでとても気持ちがよくおすすめのコースです。こんな場所があるなんて驚きでした。またこのコースを含めたルートを作りたいなと思います。

武蔵台公園周辺の気になる遺蹟

武蔵台公園から黒金公園までのエリアには、武蔵国分尼寺跡伝鎌倉街道伝祥應寺跡、さらに足を延ばすと武蔵国分寺跡七重塔跡などの歴史的な場所が点在していて、いつかゆっくり観光したい木になる場所だ。残念なことに下の写真の中に武蔵台公園はありませんが、動画に撮っていますので編集を済ませて近日公開いたします。

黒鐘公園
武蔵台公園の先にある国分寺市の黒鐘公園
黒鐘公園
黒鐘公園の北側入り口
国分寺陸橋
府中街道とJR中央本線の交差する国分寺陸橋は2019年ごろ建設された新しい陸橋。
国分寺市日吉2丁目の坂道
国分寺市日吉2丁目の坂道から国立駅方面を見下ろす眺め。国立市北1丁目の「ラーメンショップ」まで道がまっすぐ伸びている。
国分寺市日吉2丁目 GRAND FORUM
国分寺市日吉2丁目の坂道を下「GRAND FORUM」側から見上げる。
都営府中北山町四丁目アパート沿い
都営府中北山町四丁目アパート沿いの道路

スポンサードリンク

NRCのシェア画像

今回もランニング中にアスファルトの脇で咲いていた花と写真を撮りました。今回のテーマであるNIKEリアクトインフィニティとともにパシャり。この撮り方、可愛いので続けようかな。

NRCアプリのシェア画像
NRCアプリのシェア画像

ツイッターの声

いつもより多めの、250を超える「いいね」と10のリツイート、その他賛同をいただきました。ありがとうございます。

公開5日ほどで、260を超えるいいねをいただきまいた。ありがとうございます。
ランニングシューズ型のルートは日本や世界でも人気コースのなかのひとつ。こちらは石川県に多くのコースを作っているmotoiさんのツイート。
俺がいままで見た中で一番クレイジーな走りだ」とツイートする方も

NIKEリアクトインフィニティーランFKとは

NIKEが「怪我ゼロ」を目指すと銘打って2019年頃から販売しいる、サブ4以下のランナー向け初心者向けランニングシューズ。特徴はリアクトフォームという名の靴底素材で、反発性、耐久性があり尚且つ軽量という新素材。従来NIKEランニングシューズはズームズームXなどのクッション素材をランニングシューズの靴底に使用していたが、最近ではより軽量度が増したリアクト素材のシューズのラインナップを、ライフスタイルのカテゴリーから増やし始め、その実績からランシューにも多く取り入れているようだ。軽量だからか、このリアクトインフィニティーランでは靴底にはみ出るほどたっぷり使い、着地時の安定度にも貢献している。ズーム素材とくらべてどれほどの耐久度なのか、今後ランニングで使い続けながら観察しレビューしていきたいと思います。

NIKEリアクトインフィニティランFKの広告

広告にぐっときて購入決める

この靴を買う前に、5年履いて古くなっていたものの超お気に入りだった「NIKEエアズーム ペガサス」の買い替えシューズとして同じペガサスシリーズが何の迷いもなく候補にあがっていた。そんなときこのシューズ広告画像を見たのだ。傷だらけで薄汚れたボロボロのシューズ。臭そうと思って素通りしようと思いふと宣伝文句が目に入った。

「怪我ゼロ」を目指すナイキの挑戦

NIKEリアクトインフィニティランFKの広告
ボロボロなシューズ広告で目を引くNIKEリアクトインフィニティランFKのアイキャッチ

ボロボロだったはランナーの怪我を背負ったから

怪我ゼロなのにシューズが怪我だらけである。そうか、ランナーが受ける怪我をシューズが受けたからこうなったのか。広告のイメージだけの物語だが、うかつにも感動してしまい購入を決めるという。初心者らしい購入動機に我ながら呆れます。

リアクトインフィニティランを1週間使用の感想

ロングランで膝を定期的に痛めていたことに悩んでいたのは事実だったので、この靴の選択は正しかったと思う。1週間ほど使った感想をいうと、クッション性がズームペガサスよりも増している印象でふわふわしたステップを感じる。おかげで、20キロを超える2度の長距離で膝に違和感をまったく感じなかった。このクッション性能がいつまで続くか、耐久性が気になるところ。アプリで使用距離を記録しているので、ペガサスと同じ1000キロを超えたあたりでどのくらいダメージを受けているのか、履きつぶしてみようと思います。ただ、自分のような扁平足な人には向いていない構造である気がする。扁平足な自分は、ゆったりしたサイズでもキツく、走っていて足裏にヒリつきを感じる。ペガサスではそんな痛みはなかった。

NIKEリアクト・インフィニティラン・フライニット
NIKE.comで購入したNIKEリアクト・インフィニティラン・フライニット
リアクトフォームを使った厚底シューズ
「リアクトフォーム」と名付けられたクッション性抜群の靴底
扁平足には不向き

扁平足の自分にとっては、靴底の過度な立体構造と、靴ひもを使わない靴下タイプの履き口構造は、やはりキツく感じ痛い。次に買う時はズームフライペガサスにしよう。

NIKEエアズーム・ペガサス
2015年購入直後のNIKEエアズーム・ペガサスの状態(写真上)と、現在の状態。1500キロ走ったが、それほどダメージはない。

スポンサードリンク

ランニングアートに役立つおすすめ商品

ランニングアートに便利なオススメ商品をご紹介。この2点はほんとに便利で使い出したら戻れないほど。AppleWatchに次の曲がり角までの距離が表示されると、iPhoneで地図を確認する回が激減しますし、無線イヤホンにするとケーブルがブラブラして気が散ることもなく、集中してランニングが断然楽しくなりますよ。

交通ルールを守ってRUN

🏃‍♂️交通ルールを守って、車に気をつけて、安全なランニングを心がけましょう🏃‍♀️

ランナーの間でBUFFが話題に

ターバン ヘッドバンド - HAMIST 6枚入り フェイスマスク アイマスク リストバンド アウトドアバンダナ スポーツターバン 多機能チューブ型 吸汗速乾 抗菌防臭ダンスサイクリング ハイキング ジョギングのため 男性用 女性用 (6*スポーツ風2)

ノーベル賞の山中教授が、「走って大きな息をするとウイルスをまき散らす」と、ジョギング中のマスクなど着用提案を提案したことで話題となっているBUFFというマスク型バンダナ。たむらけんじもツイッターでランナーの呼吸や社会的距離に注意をするなど論議となっている。コロナウイルス非常事態宣言の厳しい目が向けられる中でのランニングに皆さんもいかがだろうか。BUFF(3000円程度)以外にもワークマンには格安な商品(400円程度)も発売されているという。

スポンサードリンク

ランニングアートシリーズ、まだまだ続きます

ランニングアート

先月の桜の木ルートで50コース、今回で52コース完成達成!この「ランニングアート」シリーズは下記リストにまとめていますので、もしよろしければ他のランニングコースもチェックしてみてください。今後もこんなGPSアートを公開予定ですので、お楽しみに。

ランニングアートまとめ

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。