国立市にお猿さんのGPSランニングアートで久々のハーフ完走

国立市にお猿さんのランニングアート
国立市に描いたお猿さんのランニングアート

久々の20キロラン

猿です。国立市初の霊長類の動物です。お尻が赤いです。30ルート前後から哺乳類が連続しているので、すっかり動物園感が出てるこの夏のランニングアートですが、しばらくこの調子で動物ランしたいと思いますが、今回は20キロを超える桜ルート以来、久々のハーフマラソン。疲れたー。

ランニングアート情報

20キロ超とハーフマラソンになったなので、スローペースで3時間で完走。最近失敗続きのランニングアートだったが、今回も一番大事な顔エリアで失敗した。幸いにも致命的なコースミスではなかかったが、一歩間違えば3時間台無しになるところだった。最近集中力が衰えている。しっかりしなくてはだ。

Embed from Getty Images
ルート名
距離23.4k
タイム3h06m

スポンサードリンク

ランニングルート公開

国立市にお猿さんのランニングアート
Stravaのランニングアート画像

鼻の周辺で連続的にミスしてしまったが、なんとか目立たずに済んだ。ほとんど国立市内でのランだったが、デコの上からは国分寺エリアでのランニングアートになっている。次回このルートを再度ランするとしたら申年の新年の干支ランの時だろうが、その時は失敗せずに慎重に走ろう。このランニングアートも、アプリRunGoで公開中。アプリをスマホにダウンロードすれば音声ナビを使って、地図のプリントを用意する必要もなく同じルートをランニングできる。是非チャレンジを。

ルート共有

こちらのルートはアプリ「RunGo」にて公開中です。スマホにアプリインストールしたら下の使用方法で音声ナビ付きで誰でもランできます。

RunGo
ルート使用方法
  1. 事前にスマホにRunGoアプリをインストール
  2. スマホで下記リンクをクリックし、RunGoアプリに切り替わる(「Viwe RunGo App」クリック)
  3. ルート右上の「❤︎」タップで「マイルート」に登録される
  4. RunGoのルート検索「マイルート」タブからこのルート選択後「ラン開始」。
国立市にお猿さんのランニングアート
NikeのSNS用シェア画像
交通ルールを守ってRUN

🏃‍♂️交通ルールを守って、車に気をつけて、安全なランニングを心がけましょう🏃‍♀️

スポンサードリンク

AirPodsレビュー(ラン使用7回目)

さて、今回もオマケでAirPodsレビュー。だいぶ使い慣れてきた中国製AirPodsだが、原因不明で途切れた時の再接続にコツがあることがわかったのでレポートします。

AirPods
今回のランニングアートでもAirPodsが大活躍した

2時間以上予定のルートなので片方ずつ+ケース付きでランしたが…

ハーフマラソンになる距離だったので、2、3時間はかかると想定し、ケース持ちで出かけた。いつもなら1時間程度で電池切れのアラームが鳴るが今回は2時間ほど保った。そしてバッテリー切れのアラームでもう片方のイヤホンにはめ直したのだが、まったく接続されない。再接続もBluetoothのON/OFFを繰り返してもだめだ。ケースに両方を入れ直し再接続すると接続された。片方がどうしても再接続エラーになるときは、両方ケースに入れれば再接続されるらしい。と思ったら、AirPodsのまとめの先頭に書いてあるではないか。一度経験したことだった;
まー、でもこれで一通り不具合を体験し、この安物を使い通すコツがわかった。これでいこう。

AirPods使用のポイントまとめ

  • 片方聞こえなくなったら切断しケースに収め再接続
  • 1時間以上のランでは片方づつ使用
  • 2時間以上のランでは充電ケース持参
  • ケースがないとRadiko途切れる(ON/OFFセンサー誤作動?)
  • 両方使いの時イヤホンでバッテリー切れになると、残量ある方だけ聞こえる

ランニングアートシリーズ、まだまだ続きます

30ルート達成したこの「ランニングアート」シリーズは下記ボタンにまとめていますので、もしよろしければ他のランニングコースもチェックしてみてください。今後もいろんな図形のGPSアートを公開予定ですので、お楽しみに。

ランニングアートまとめ

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。