国立市の電動シェアサイクル「のりすけ」で馬のGPSランニングアート

馬のランニングアート

自転車を使った初のランニングアート

馬のランニングアート。といっても今回自転車を使ったのでランとは言えないかな。GPSアートですね。オグリキャップが安楽死されたと聞いて日本中があの馬を思い出している今日、急遽、馬のランニングアートに踏み切った。なので自転車で行ったというわけですが、レンタルサイクルがどんなものか体験する意味でもライド利用でのGPSアートになったというわけです。国立市の電動アシスト付きシェアサイクル(貸し自転車)「のりすけ」でらくらく超簡単にできました。

ランニングアート情報

26キロ超と、ハーフマラソンほどの距離なので、走れなくもないが、梅雨が明け真夏だし、熱中症も心配だし月末だし仕事も忙しいわで、自転車での出発となった。わずかにコースミスがあるが、ほとんど問題なく完走。

Embed from Getty Images
ルート名
距離25.7k
タイム2h02m(自転車)

スポンサードリンク

ランニングルート公開

馬のランニングアート
Stravaのランニングアート

自転車での走行となったが、前半に5段くらいの上り階段と、後半に30段くらいの歩道橋の上り下りがあった。国立市の貸し自転車「のりすけは親切にも電動アシスト付き自電車なので、この階段越えがなんとも辛かった。大人なら大丈夫だが子供の自転車にはお勧めできないコースだ。このランニングアートも、アプリRunGoで公開中。アプリをスマホにダウンロードすれば音声ナビを使って、地図のプリントを用意する必要もなく同じルートをランニングできる。是非チャレンジを。

ルート共有

こちらのルートはアプリ「RunGo」にて公開中です。スマホにアプリインストールしたら下の使用方法で音声ナビ付きで誰でもランできます。

RunGo
ルート使用方法
  1. 事前にスマホにRunGoアプリをインストール
  2. スマホで下記リンクをクリックし、RunGoアプリに切り替わる(「Viwe RunGo App」クリック)
  3. ルート右上の「❤︎」タップで「マイルート」に登録される
  4. RunGoのルート検索「マイルート」タブからこのルート選択後「ラン開始」。

ランニングアートに役立つおすすめ商品

ランニングアートには今回の自転車利用でもこの無線イヤホン「AirPods」が大助かり!おすすめです。

あと、自転車でスマホみながら自転車走行にはスマホホルダーも必須。

シェアサイクル「のりすけ」について

今回はランではなく国立市のレンタルサイクル「のりすけ」を使用

今回利用した国立市の電動シェアサイクル「のりすけ」だが、2時間ちょいのライドだったので15分60円 x 4 = 300円でのレンタル代となった。15分60円からスマホで簡単に借りられて手軽に利用できるところがミソ。またいつか長距離すぎるランニングアートにぜひ利用してみたいと思います。

交通ルールを守ってRUN

🏃‍♂️交通ルールを守って、車に気をつけて、安全なランニングを心がけましょう🏃‍♀️

ランニングアートシリーズ、まだまだ続きます

30ルート達成したこの「ランニングアート」シリーズは下記ボタンにまとめていますので、もしよろしければ他のランニングコースもチェックしてみてください。今後もいろんな図形のGPSアートを公開予定ですので、お楽しみに。

ランニングアートまとめ

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。