ランニングアート

日本では「顔マラソン」やGPSランが盛り上がってるランニングアート 。NikeのNRCやAdidas Running、Strava、RunGo等のランニングアプリで「ランニングアート」を描いています。「GPSアート」「お絵かきラン」と呼び方も様々。記録や追い込み型の運動でなないウェルネスランニングの視点からも期待されつつある。そんな自分は2021年に国立市を中心に全100コース達成しました。

Nike Run Club
Nike Run Clubを使ったランニングコース画像

スポンサードリンク

ランニングアートとは

ランニングアートとは、今では標準で装備されているGPS付きスマホにインストールしたランニングアプリを使う遊びやプロジェクト。あらかじめ絵になるルートを作っておき、その通り走りイラストを描く。ランニングアートGPSアートと呼ばれ、SNSで共有しあったり、新年には干支ラン、書き初めランで年賀状代わりにするなど、遊び方も様々だ。

ウェルネスランニングとして

ランニングアートが楽しまれる理由を下記一覧にまとめてみました。私は短くて8キロ、長くて30キロの長さのランニングアートを、国立市内で、スローペースのいわゆるLSDでランニングし、きつくない楽しいランニングを心がけています。追い込む運動やタイムではない、ランニング本来の楽しさ、内側から湧き出すいきいきとしたマインドを引き出す「ウェルネスランニング」推進の視点からランニングアートをたくさんのランナーに楽しんでいただければ嬉しいです。

ランニングアートが楽しまれる理由

  • 苦しさを感じない内側からランを楽しめるウェルレスランニングとして
  • ダイエットになる
  • ランニングがマンネリに感じた時、気分転換になる
  • タイムを気にせずに汗をながしストレス解消に
  • 完走時の絵が出来上がった達成感がスゴい!
もじぐみLOGO
もじぐみ

当サイトにはランニングアートがテーマの記事がたくさんあります。このページでは各ページにすぐにジャンプできるように、総合的な目次の役割になっています。ほぼ全てのページにここからたどれば読むことができます。

スポンサードリンク

顔マラソン

本家のご当地顔マラソンに見習って、国立市にもいくつかの顔マラソンを作り完走しています。この横顔たちは「安倍総理大臣の顔マラソン」をはじめ、顔をテーマに国立市に描いた顔ラマソンのお絵かきランたちです。左右対称の道がないように、左右対称の顔を道路に描くことは容易ではなく、それを全国に描くことはとても大変なことです。国立市の地図を眺めて顔を描こうと何度か挑みましたが、今のところこの4、5コースだけ。今後も顔を見つけたら描いてみようと思います。

国立市の顔マラソンは下のボタンへ
本家KAOMARATHONや世界の顔コース情報もあります。

お絵かきラン
100コースに

当サイトが設計し完走したランニングアートのコースをひとつづつブログ形式でご紹介します。いずれも、ランニングナビアプリ「RunGo」を使った音声ガイドを使い、Nike Run Club で画像を保存しています。手っ取り早く100コースをただ見たい場合は、各コースのルート情報を一気にまとめた100コース一覧もありますので、ブログ抜きで地図だけ見たい方は下のボタンからどうぞ。

ランニングアート100作品
ランニングアート100作品
コースだけ見たい方はこちら
コース音声ガイドへのリンク付きで、実際にランできます。
もじぐみLOGO
もじぐみ

ここからは、当サイトで描いて完走したランニングアートを最新順でならべました。コース中の風景や、地図、音声ナビへのリンクもありますので、無料アプリを使ってば国立市で誰でも自由にこのコースをランニングできます。

スポンサードリンク

世界のランニングアート、GPSアート

ランニングアート

ランニングアート界、GPSアート界には顔マラソンの他にも、世界中に100人を超えるたくさんのランナーがいます。日本国内には、Yassanをはじめ、顔マラソンのHAMA、志水直樹、和田 稔、yuka.co、ナヲ、(敬称略)など、おそらく20人程がツイッターやインスタなどのSNSで活躍中。これら世界中のランナーを下の「世界のランニングアート界まとめ」 記事で詳細レポート、興味のある方はどうぞ。

YassanのGPSアートのプロポーズ
YassanのGPSアートのプロポーズ
もじぐみLOGO

世界のランナーを含め、ランニングアートとはどんな世界なのか、取り上げたメディア、各国での呼び方、作品の背景、傾向、注意点など、世界のランニングアートについてのじっくり研究してまとめた記事です。ご参考に。

ランニングアートとはどんな世界なのか詳細知りたい方はこちらへ
世界のランナー、文化的背景、呼び方など

スポンサードリンク

ランニングアートの描き方

どうすればランニングアートを描けるのか、いきなりフルマラソンものの大作を作るのは大変なので、初めての方は❤️や数字など簡単なカタチがおすすめ。コースのイメージを頭に浮かべたら、下記手順で描くことができます。

ランニングアートの描き方
ランニングアートの描き方、やり方を詳しく解説いたします。

描き方

  1. GoogleMapのスクショに絵を下書き(スマホ or PCで)
  2. 走る順番、書き順を決める
  3. スマホにランニングアプリ準備(Nike Run Club、adidas Running等)
  4. いざ!ランニングへ!
  5. ランアプリから、完走ルート画像保存
ハート型ランニングアートの基本
ハート型ランニングアートの基本
もじぐみLOGO
もじぐみ

下のリンク先では「ハート型」の簡単な事例で解説してますので、絵が苦手な方でも簡単に始められますよ!

ハート型❤️の簡単なコースではじめられる
初心者の方向けです

スポンサードリンク

お絵かきランの最新ブログ一覧

お絵かきランで完走したコースの形紹介だけじゃなく、どんな街や道だったのか、コース上の風景や説明など詳しく知りたい、という方はこちらのブログでご覧いただけます。

上記以外のすべてのブログは下のボタンからどうぞ

スポンサードリンク

MapBox のインタラクティブなWebサイト

地図のウェブサービスといえばGoogleMapsだが、2019年ごろからMapboxという社名をよくきくようになった。GoogleMapsGoogleEarthと比較して、Webサイトでのデザイン面でのメンテナンス性に優れた地図プラットフォームと言えるサービスだと思う。ソフトバンクとの合弁企業として日本上陸し、国内サービスがはじまった。その中でWebデザイナーにとって一番関係の深いMapBox Studioに触れて、インタラクティブなコース紹介サイトのDEMOを作りましたので、下のボタンから是非ご覧になってください。

このサイトはデモですが、この技術を使ったより実用的な地図解説Webサイトを今後作ってみようと思います。
インタラクティブな地図はこちら
GoogleEearthでは体験できない新しい地図体験

ランニングアート動画

ランニングアート動画もいくつか挑みました。この他、TicTokなどの短時間動画にも現在挑戦中。まとまり次第こちらから公開予定です。

この他にもたくさんの動画があります
チャンネル登録をお願いします

これからもランニング予定

以上が、当サイトのランニングアートの作品たちです。今後もランニングコースをどんどん増やしていく予定で、コースもすでに用意できています。あとは走るだけ!出来次第公開、更新していきますので、当サイトのチェックやYoutubeのチャンネル登録をお願いします。

スポンサードリンク

ランニングTシャツ作りました

趣味が高じて、オリジナルランTまで作ってしまいました ^ ^。同じお絵かきランの知人が作っていたし、前から作りたかったので、デザインし業者さんに発注。3,200円ほどでいつでも追加購入できますので、もし気に入ってくれた方は下のボタンから購入ページを見てみてください。

お絵かきランTシャツ
3,200円で発売中
外部の販売サイトにジャンプします

まとめ

以上、ランニングアート、お絵かきランについての長い文章は以上です。本来もっと長かったのですが、各章の詳しい内容を分割して他のページに移しています。ご興味ある方は、各章最後のボタンの奥のページもチェックしてみてください。

もじぐみLOGO

最後まで読んでくださってありがとうございました!😆
もしご感想やご意見などありましたらコメント欄にお願いします。

スポンサードリンク