10キロ級の簡単で小さな短距離GPSアート作品集

GPSアートといえば、いつも100キロ級の巨大作品が話題になるが、ここで敢えて小さくて短い10キロ以下のランニングアートに焦点を当ててみました。「大きい絵=名作」ではないし、GPSアートは短距離こそ難しいことが名人によって言われている通り。毎日走れる短くて簡単な短距離GPSアート作品をまとめました。

象のGPSアート
象のGPSアート
コウ・タダシ
コウ

GPSアート公募受賞数世界最多。東京・国立市で干支ランGPSアート現在250コース達成、2024年に300コース完走のデザイナーのコウが執筆しました。(プロフィール

小さなGPSアート作品集

過去に走った10キロ以下の短距離ランニングアートだけを集めて、小さなGPSアート作品集をつくりました。特に距離が短い作品は3D地図が有効になり立体的表示されています。長距離じゃ無いので1時間以内でさくっと毎日走られます。気軽に走りたい、簡単にGPSアートをはじめたい。そんな市民ランナーにぴったり。

乗り物

漁船のGPSアート
漁船のGPSアート

シューズ

Stepn9シューズのGPSアート
STEPNシューズのGPSアート
STEPN
シューズのGPSアート
シューズ9
シューズのGPSアート
シューズ8

人物

カンフーランナーのGPSアート
NRCで描いたカンフーランナーのGPSアート
ランナーのGPSアート
ランナー
NIKEロゴRUN
NIKEロゴRUNNER
ランナーのGPSアート
ランナー
忍者のGPSアート
忍者
カンフーランナーのGPSアート
カンフーランナー
 若い力のGPSアート
若い力
ダンスする女性のGPSアート
ダンスする女性

顔マラソン

10キロをわずかに超えているものもありますが、ほぼ10キロ以内の短距離顔マラソンをまとめました。

山里亮太のGPSアート
山里亮太さんのGPSアート

動物

ゾウのGPSアート
NRCで描いたゾウのGPSアート

文字・数字

Nike Run Club
Nike Run Club

漢字

英語

数字

文字型GPSアートをまとめました

文字型のGPSアートだけをまとめたページがありますので、興味のある方はこちらへどうぞ。

ハート

GPSアート初心者におすすめのハート型ランニングアート。短い距離でも描くことができ簡単なのでビギナー向け。告白やお祝い、推し活にピッタリですね。

ケーキ

友人の誕生日やクリスマスの季節にも使えるさまざまなケーキ。ロウソクの本数やハートを加えて、可愛く演出。

ハロウィン

ハロウィンといえば、お化けや骸骨、コウモリや、カボチャのジャックオーランタン。皆10キロ以内で走れそう。

クリスマス

短距離ではさすがにサンタクロースを描くことは難しい。でもいつか挑戦予定。まずはトナカイを増やして行っています。

建造物

地図

ブラジャー

その他

スポンサードリンク

実は小さいほど難しい
GPSアート

まったく語られないが、実はGPSアートは小さいほど難しいもの。GPS地上絵師として有名な大山顕氏はネットマガジン「デイリーポータル」で次のように述べている。

GPS地上絵の設計の難しさは「小ささ」にある。いくらでも大きくて良いのであれば、どんな絵も描ける。道路の曲線を上手く使って最小限のスケールでちゃんとした絵を描けるルートを見つけるのが最大の難関なのだ。

デイリーポータル「体長3キロのおしゃれ子ヤギ “恵比寿キッド”」(大山顕)より引用

つまり、短距離だからといって簡単に設計できるわけでなく、むしろ逆である。(ちなみに、この「恵比寿キッド」は体長3キロというタイトルだが、実際のコース全長は20km)

サステナビリティーが落ちる長距離作品

それに長距離作品にはデメリットがある。世界の有名なGPSアートは大抵100キロを超るが、長距離なほどサステナビリティーは低く、コース再利用率は下がる。つまり、発表されたらおしまいなのだが、ランニングアートの最大の良さであるコース共有であることを考えると、誰もが絵を描ける楽しさを消してしまうのはとても勿体無い。

京都マラソンGPSアート「応仁のRUN」
京都マラソンGPSアート「応仁のRUN」は40キロ近いが、長距離なうえコースミスしやすく、曲がり角が300以上あるので、すいすい走れるものではなく再利用しづらい。このように長距離作品はサステナビリティーが落ちるデメリットを持つ。

関心高まる短距離GPSアート

ここでは大作ではなく気軽に散歩気分でできる短距離GPSアートだけを集めている。特に最近ではSTEPNの流行をきっかけに、ゲームルール上、10分前後のコースデザインに注目が集まりつつある。短距離の利点を整理すると次の通りだ。

短距離の利点

  • 散歩気分で気軽
  • コースの形が簡素で明確
  • 子供や高齢者でも参加できる
  • 作者以外も再利用できる
  • Stepnのコースにしやすい

短距離GPSアートリンク集

このブログで短距離GPSアートをテーマにした投稿をいくつかしているのでご紹介します。

ツイッターの声

GPSアートを楽しむランナーのツイッターでも、碁盤の目の街と複雑な地形の違いについて語られている

スポンサードリンク

Tシャツもあります

カマイタチのCMでお馴染み「UP-t」さんからオリジナルTシャツの販売もはじめましたカラバリあります

NIKEシューズコースTシャツ
シューズコースTシャツ

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
専門は企画・出版・編集・印刷、Webデザインと管理。最近はブログ、動画、3DCG、AR、LINEスタンプ等のコンテンツ配信にも力をいれ、自分自身もランニングアートでコンテンツ化に努めています。