世界のGPSランニングアート事情やアーチストランナーと周辺情報まとめ

ランニングアート

最近、GPS対応のスマホの普及でじわじわ増えているGPSアートランニングアート。世界にたくさんの呼び方があって、何をもってランニングアートとするのかポリシーや理念・流派もさまざまで混沌としている現在、どんなランニングアーチストがいて、国内国外の違いは?、今後どうなるか?、問題点は?など様々な視点でまとめました。

ランニングアートとは?

Nike Running Club
NRC

ランニングアートとは、今では標準で装備されているGPS付きスマホにインストールしたランニングアプリを使う遊びやプロジェクト。あらかじめ絵になるルートを作っておき、その通り走りイラストを描く。ランニングアートGPSアートと呼ばれ、SNSで共有しあったり、新年には干支ラン、書き初めランで年賀状代わりにするなど、遊び方も様々だ。

体育脳と文系脳の融合

ランニングだけでなくロードバイクの経路を使ったものや、パフォーマンスとして、アートとして活躍する人など、世界中に愛好家がおり、子供から大人まで、かつ、体育会系でありながら文系脳が必要という「文武両道」的な他分野横断アクティビティであることから、いつもマッチョに話題を取られがちなアスリート界で唯一文系が目立てる珍しいスポーツである点がとてもユニーク。SNS時代の新しい運動のカタチが感じられてやっていて面白い。何に役立つのか?と言われれば、地域活性化だろうか。まだ頭が整理されていないので、この点は随時思いついたら更新したいと思います。

ランニングアートの呼び方

日本国内ではランニングアートと呼ばれることが多いが、海外では「Running Art」で検索しても「ランニングの絵」がヒットするばかりで、GPSアートがヒットしない。ランニングアート、GPSアートは海外でどう呼ばれて親しまれているのか。そんな、世界で呼び方がバラバラである点に焦点をあて、カオスである状況を整理し、今後の呼び方統一を模索してみた。(※2019年1月現在)

ランニングとロードバイク

下記一覧は海外と国内のランニングアートの呼び方ランキングだが、ロードバイク選手らもこの遊びを楽しんでいるので、一括りに「ランニングアート」と呼ぶのは間違いだろう。より広義で定めるなら「GPSアート」とするのが正しいと言えるが「ランニング」が多いのは、気軽に始められる大衆的スポーツだからだろう。その点を考慮してランキングを見てみると海外ではバイク、ラン、両方を枠に入れた呼び方が好まれている。国土の広さからバイク愛好家が多いのかな。

海外での呼び方

  1. Run Art
  2. GPS Art
  3. GPS Drawing
  4. Stravaart
  5. GPS Tracker Map Art
  6. GPS doodle

海外の人気度グラフ

海外では「Run Art」が一番多く検索されているが「ランニングの絵」と混合していて「GPS Art」のが狙い近い。

日本での呼び方

  1. ランニングアート
  2. GPSアート
  3. GPS絵画
  4. GPSお絵かき
  5. GPS地上絵
  6. 顔マラソン

国内の人気度グラフ

ジャニーズ動画の影響か「ランニングアート」が多め。「顔マラソン」は顔に限定しているものの国内ではダントツの人気。

どう呼ぶかまとめ

上のグラフを見渡してわかるのは、早くからGPSアート広めたプラットフォームであるはずのStrava発信の呼称が意外に伸びていない。ロードサイクルユーザーが多く、ランに比べ大衆化されないのが一因かな、と想像するが、影響力あるGPSクリエーター間で「stravart」「stravaart」「Gps Doodle」と呼び方がStrava内でも分かれている。

2019年1月現在、以下の呼び方で問題ないだろうが、今後どう勢力図が変わるかわからないので、決定せず様子見だ。 「GPS Drawing」という表現は主にフランスで、その他の海外では「GPS Art」「Run Art」「Rute Art」がほとんど(だが、Run Art と Rute Art はGPSとは関係ないファインアートを検索している数と混ざっているように見える)。海外でも国によって呼び方がまちまちだ。

多く使われてる呼び方

  • 国内「ランニングアート」「GPSアート
  • 海外向け「GPS Art」「Run Art

混沌はチャンス

呼称にこだわっているには理由がある。呼び方を把握していないと優れた作品も検索できないこと。もう1つは呼称が定まってないのはチャンスにつながるからだ。もし呼称が1つなら検索ランキングには重鎮たちが高い城を築いており新参がとうて崩せるものではないほど作品とビュー数で埋め尽くされヒビも生えないだろう。だが、今のように呼び名がいくつもあれば、チャンスがあるからだ。

ハッシュタグ

#ランニングアート#GPSアート以外、どんなハッシュタグが一般的なのか。主にインスタの一覧ですが、グループやプロジェクトた多数入り乱れ、数多くのハッシュタグが存在(2019年1月現在)。ツイッターでも探すと恐らくさらに増えるので、見つけ次第更新いたします。

#stravaart ランニングアプリ「STRAVA」ユーザー向け。いちばん人口が多いが、その分、落書きやフェイクも多くカオス化。現在、4510件と恐らく一番人気だが、本家の更新も止まった様子で後述#gpsdrawingに抜かれブーム終わるのか。
#stravart STRAVA公式っぽいが公式じゃないGary CorderyさんのGPSアートの作品を集めたサイトstrav.artがある。
#gpsdoodle おそらくスティーブンルンドが提唱している呼び名で「GPS落書き」の意味。GPSアートの作品を集めたサイトgpsdoodles.comもある点でStravartと同じ位置。
#GPS絵画 Yassan(やっさん)発信のタグ。
#GPS地上絵 大山 顕発信のタグ。
#顔マラソン 日本全国の都道府県で一斉にフルマラソンする「全国一斉顔マラソン」で季節に1回ほどのピッチで定期的にバズる。
#gpsoekaki
#GPSお絵かき
「顔マラソン」発信のタグ。
#ストラバエ
#ストラ映え
#ストラバ絵
「顔マラソン」のスピンオフタグ。
#gpsdrawing フランス圏を中心に世界中で投稿数が多く、勢いのあるタグ。
#dessinsurplanaugps GPSスケッチのフランス語。国内では、momiko40さんが使用。
#drawwithyourfeet 現在、1400件。「足で描く」の英語。RunGoアプリ等が使用。
#satellitetrackingart WallyGPXがシェアしているタグ「衛星トラッキングアート」。現在、2430件。
#routeart Google検索数トップだがインスタ会では振るわず
#GPSkunst エストニアでのハッシュタグ

使うべきハッシュタグ

#GPSart #GPSdrawing #stravaart  #GPSdoodle #ランニングアート #GPSアート #〇〇市などの地域 #ルートの題材

スポンサードリンク

主なランニングアーチスト

未確認な点が多いですが、おそらくざっと調べた一覧で、見つけ次第、確認でき次第まだまだ増えると思います。

名前 特徴 移動
🇬🇧🇯🇵ジョセフ・テイム(Joseph Tame) マラソンしながら生中継し、NHKテレビやラジオで日本でGPSアートを広めたイギリス人。クリエイティブエージェンシー「ワイルド・テイム」CEOでありクリエイティブ・ディレクターであり、マネージャーであり、自らクリエイターとしてもマルチで活躍(奥様はテイム智子さんで同社勤務)。代表作は皇居を北海道とした日本地図や東京五輪マーク。Nike「Run Like Me」キャンペーンなどビックスポンサーとのコラボで有名だが、現在は目立った新作はなく、ド派手な風車コスもめっきりご無沙汰(東京マラソン2019までお預けか)、皇居ランをStravaでシェアしているのみとなってしまったが、東京五輪を控え、何か大プロジェクトを企んでいるかもしれず期待が膨らむ。ツイッターアカウントも。点と点を結ぶ1次元画法。英国の自宅愛車はAudi A6か? 👟
🇯🇵やっさん 国内のGPS絵画プロジェクト推進者で世界最大GPSアートのギネス保持者。日本列島にで「Marry me(結婚して)」と書いた驚きのGPSプロポーズで話題にったほか(Google Earthストーリーでも壮大なプロポーズをしたGPSアーチストとして紹介)、世界を旅し触れ合いながら地球に「PEACE」を書いた #PEACE on Earth プロジェクト、それ以外にも「らくがきウォーク」等のプロジェクトや協賛活動など、メッセージ性のある社会的視点が特徴的。NHKテレビラジオ等のメディア多数出演。東京芸大卒後広告業界へ。芸大で川俣正の講義からインスピレーションを受けたという(CampfireインタビューAMeetインタビュー)。依頼作品も増えている。 🚙
🇺🇸Gene Lu(ジェイニー・ルー) スターウォーズのルートをNYで配信するインスタイケメン。代表作はダースベーダー#runwarsのハッシュタグでSWものを多数アップしていたが、一通りファボキャラが出尽くしたのか、ツイッターアカウント凍結されちゃったからか(おそらくトランプ大統領への抗議🖕でか?)その後新アカウント確認。最近はドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の図案で@runofthronesプロジェクト立ち上げか。#runofthronesも投稿中で、同ドラマのモンスターや龍のランニングアートを多く発表している。 👟
🇺🇸スティーブンルンド(Stephen Lund) 2015年ごろかGPSアートの流行を作りTED講演もしてるStravartで有名なカナダ人。代表作はリアルなロードバイク。ランはなく、主にバイクや奥さんとのトレッキングかな。お歳だからか、最近はめっきり新作がなく、過去の代表作だけが輝く。点と点を結ぶ1次元画法 🚴‍♂️
🇺🇸WallyGPX 手描きのルート図とマウンテンバイクで米メリーランド州ボルチモアで活動中。ロックバンドや骸骨、シンボルロゴなどストリートグラフィティーのような図柄を多く発表。ツイッターと、Stravaアカウントがある。精力的でメディアの取材も受けている。長距離ではなく誰でも走れそうな中・短距離で優しいルート設計で小道を活かしたピクセルアートのような作風。 🚴‍♂️
🇫🇷N. Soulabail inkOj フランスの画家でお店の壁画も手がける。文字系GPSアートや人型、顔型(但し横顔)が多い。最近ではオリガミ型の作品が公開され方向性に変化か。他の作家と違い俗っぽさは無く、ストリート風でありながら陶器や古代壁画のように素朴な作風がフランスらしくて特徴的。 👟
🇫🇷Clément Henry 手作りアートやイラストを描くフランスのイラストレーター。GPSアートでは、カタツムリシンプソンズなどのキャラクターを多く手がける。Estyでハンドメイド品も販売中。現地のメディアや新聞、テレビで取り上げられている。(facebookStrava 👟
🇯🇵momiko40、

🇯🇵Ken Suzuki

東京都のランナー。目鼻を描かないシルエット重視でありながら、立体感があり、しかも折り返し道を作らずランニングルートとしても理想的な周回コースを組む姿勢にポリシーを感じる。干支ラン十二支コンプリ間近で区の地価上昇しそう。ご近所かご夫婦か同じコースを利用。 👟
🇯🇵ナヲ 東京都のランナーで顔マラソン所属。静岡顔マラソン 最多記録、最速記録、全身バージョン考案者。現地に残される銭形警部の顔型ルートを掘り起こす。facebookも。 👟
🇯🇵yuka.co 大手広告代理店クリエイティブディレクター本間友佳子さん。ねとらぼで紹介されたスヌーピーラン」「ドラえもんランなど皇居周辺にGPSアートを作成。2019年の亥ルートや、2018年から「干支ラン」イベントで戌年ルートを考えたのがきっかけだとか。ツイッターの他に、Stravaアカウントがあり、主に休日の常夏観光地ライドを投稿。 🚴‍♂️👟
🇯🇵hama 東京マラソン落選の悔しさからhamaが飯田橋で2011年から顔型マラソンをスタートしたことを機に全国からの依頼で全都道府県に広がった、2021年で10周年を目前としている顔マラソン」のプロジェクト立ち上げ人。2019年、STRAVA公認パートナーとなる。主にご当地の顔型ルートをシェア。日本全国に地域リーダー「マラソン知事」が参加ランナーを牽引し注目度大。リーダー浜元信行さんをはじめテレビや雑誌などメディア紹介実績が豊富。出版関係の方でプランニングに長けており、脚力、画力、企画力、デザイン、スキル、人脈、いずれも大。有料会員制サロンもある。 👟
🇯🇵和田 稔 父がリアルなトランペッターのGPSアートを作った」と訴える息子のツイートがバズって話題になったロードサイクル乗りの画家さん。トランペッターは2018年度STRAVAヒューチャー(ストラバ選抜)に選ばれ、当時72歳のご高齢者によるものとして世界中が二度見。トランペッターの他にも、猫とネズミ考える人少年ケニヤと巨象ナンター、など有名な図柄多数。画家にふさわしくデッサン力ある作品ばかりで、この世界の「リアリズム派」に属する流派として世界から注目集める。作品については「アトリエワダ のブログ:和田 稔」で本人から詳細に紹介中。 🚴‍♂️
🇯🇵ムラチ ウルトラマラソンの脚力でワールドマラソンメジャーズ6大会メダル所持のガチアスリート。作品のほとんどが、秋葉原からつくばエクスプレスで40分くらいのみらい平駅周辺。で、その地の迷路のようなユニークな地形を生かしたルートと、作品に太々と横たわる常磐道が印象的。作品については「Tetsu Murachi のブログ:GPSアート in みらい平」で本人から詳細に紹介中。GPSアートのTシャツも過去に販売(※現在は終了)。マラソン専門誌「ランナーズ 2019年 04 月号 [雑誌]」(2月22日発売)に本人記事が掲載。マラニックを提唱しマラソンの大衆化に尽力。imstagram(@tettsu777)、ルートラボもで公開され、GPSアート利用自由としている。顔マラソンにも所属。 👟
🇯🇵大山 顕 パナソニックに10年勤務し退社・独立。写真家・フリーライターとして活動、「団地の見究」「ジャンクション」「工場萌え」などの写真集、著作として知られる団地マニア。デイリーポータルZ等で連載中。たいやき、。恵比寿ガーデンプレイス依頼の「ヤギ」2018年GPS書き初め「戌」、2019年GPS描き初め「亥」ウマとかウサギとかタツノオトシゴとかタイヤキゾウブタ、など多数。芸術性の高い写実派でGPSアートの枠にとらわれない視座を感じるが、スポーツとしていない姿勢。移動手段は自転車。東浩紀のダークツーリズム(廃墟嗜好な旅)についても通じており、「旅= カルチャー」と捉えている点でやっさん、志水と共通したゴールを感じる。湘南モノレール公式サイトに連載ページを持ち、そこで鎌倉ヤギのレポートも、GPSアートをサブカル的な考察で綴っている。ランドスケープデザイナー・石川初さんを「GPS地上絵師」の師匠とし、第1作ブタは石川設計であることをブログで明かしている。GoogleEarthを使ったアニメ化も石川さん伝授のもの。最近は団地やジャンクションにハマり、GPSは保留ムードだが、次回GPS地上絵作品の予告をツイートしている。 🚲
🇯🇵石川 初 大山 顕が師と仰ぐランドスケーブデザイナー。「地上絵師」との肩書きで紹介された媒体も。代表作は。きっかけは英国アーチスト人ジェレミー・ウッド(Jeremy Wood)のGPSドローイングを知り、2003年に最初の作品「アヒル」からスタートし10年以上続けたという。1964生まれ。東京農業大学農学部造園学科卒業後、国内大手インフラ企業にてランドスケープデザインを担当し、2015年4月より慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科/環境情報学部の教授。東京大学大学院新領域創成科学研究科非常勤講師、早稲田大学創造理工学部建築学科非常勤講師も務める。 🚶‍♂️
🇯🇵志水 直樹 兵庫県西宮市の小学校で6年生を担任する教諭を2019年3月に退職し独立した、おそらく世界唯一のプロGPSランナー。イラストの他に「祝卒業」「謹賀新年」「情熱大陸」など文字作品が多い。教師時代は小学校の夏休みや冬休みを利用して、兵庫を離れ日本中をバスで回りながら書く。もともとランニング好きで、東日本の被災地や、テントを背負って寝泊まりしながら海岸200キロを走ったり、ボランティア活動の小学校の周りを走ったというスポーツ会系。台湾でも「台日友好」と(自転車で)書き現地の市長から激励も。使用アプリはRuntasticだが、2019年4月1日にadidasグループのRuntasticアンバサダーにアジア人として初めて任命(ランタスティック大使=日本担当のインフルエンサーみたいなものかな?)。そのタイミングで教師活動に終止符を打ち、GPSランナー、笑顔カレンダーカメラマン、日本と世界を繋ぐイベンター、地域復興支援などに舵を切る。ネットメディア「いまトピ」で紹介。ランニングアート系のハッシュタグを使うことは少なく、ご当地系か、Runtasticアンバサダーとしてのタグがメイン。ここから、表現者というより復興アクティビスト、アディダス大使ランナー、としてのスタンスを軸としている様子がうかがえる。現在、海のプラスチックゴミ問題のPRで海洋生物をテーマにGPSアートに組み中。 🚴‍♂️👟
🇯🇵須藤敏明 デジカメ写真をPhotoshop加工する「デジカメレーション」技法でITVA日本コンテストでグランプリ受賞経歴を持つ東京都のイラストレーター。主に動物の絵柄を多く発表し、イラストレーターの画力でクオリティーが高め。アプリはNikeを使用。GPSアートを「GPS地上絵」と呼ぶ。皇居ランナーで、ランニング・ウォーキングの会「e-space陸上部」を引っ張る。 👟
🇯🇵mojigumi 2016年1月1日、「富士山」と「賀正」形の新年ランニングアートをシェアしたのがきっかけでこの世界に参入。その後、子犬、など動物を中心に作品を公開。主に国立市を拠点とし、8キロから長くて30キロ程度の距離で作成。フルマラソンを完走する体力はない; 👟
🇯🇵RUN忍 東京オリンピック2020を機会に皇居中心に東京をGPSアートで盛り上げようと始ったプロジェクト。ゴジラでデビューの後皇居ランナーなど月イチ程度で更新、2019年に10個の作品公開を目指しているが、月イチ更新では年10個の計算にならない。 👟
🇯🇵遠藤一郎 2011年3月の東日本大震災を機に日本全国「未来へ号」のドライバーとなり日本全国をめぐりGPSを使って本州に「いっせーの〜せ!」を描く2012年から、日本列島にメッセージを描くプロジェクト「RAINBOW JAPAN」のほか、「ARIGATO」の文字を描いた美術家。現在はカッパのコスプレでド派手な黄色いワゴンで全国をめぐりパフォーマンスや体験教室をしている。2018年9月を最後にツイートが止まっている。美術専門誌「美術手帖」での連載をはじめ、新聞、サイゾー、Bazzapでの掲載などTVやメディアにインタビュー多数。活動の様子は遠藤一郎のホームページ、またはYoutubeで見られるがGSPアートは上で挙げた2作以降、新作なし。 🚙
🇹🇼CS許總監 折りたたみのミニベロ(小口径自転車)に乗って台湾の台北中心に活動中。ガーミン、ストラバ、Relive、などを駆使。twitterの他にユーチューバーとしても知られる。デザインは、猫や犬、鳥など、主に小動物。 🚴‍♂️
🇬🇧Paul Chan ロンドン在住の中国系イギリス人俳優。ランニングとしてのコース重視で、アート性は薄いが、犬の頭部作品はとてもリアルで驚く。#RunAPicture という独自のハッシュタグを用いる。 👟
🇦🇺Bel Smith オーストラリア・メルボルンの女性ランナー。題材は動物が多い。Webサイトの他に、Stravaアカウントも。 👟
🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿Running Drawing スコットランド・グラスゴーの女性ランナー。題材は文字や昆虫など広いテーマだが、フェミニズムをテーマとした作品も。オリジナルロゴマークと、running-drawing.comドメインのWebサイトの他に、twitterInstagramfacebookも。 👟
🇺🇸rickey gates アメリカのウルトラマラソンランナーであり、登山家。サンフランシスコのほぼすべての道を29日700マイル(約1,124km)走り尽くし、街全体をGPSアート作品にしたことで有名。その様子はSalomon公式のノンフィクション動画で見られ、アメリカン・ドリームを感じるランナー。Webサイトの詳細あり。 👟
🇪🇪GPS Skunst エストニアのロードサイクル2人組によるGPSアートプロジェクト。こちらの動画ではクリスマスの季節に現地のテレビで放送されたGoogleMapsを使ってのサンタルート作成とライドの様子が映っている。Webサイトでは世界地図やケーキ、人物など多数のルートが紹介されており、Facebookもある。1つの犬ルートを作っても耳の形でバリエーションを持たせカスタマイズも柔軟。GPSアートのレポートも、他と比べて内容がマメで周辺情報にも親切に触れている。 👟

まとめ中の記事

GPS地上絵を伊那谷に描く

参考サイト地域活性化ツールにも!「GPSアート」の魅力

スポンサードリンク

ランニングアートを扱った動画

下のインスタ動画は「Portlandia(ポートランディア)」という題名の、ポートランドを舞台にした海外コメディドラマの一場面。バラ型のルートデザインを手にしたビジネスマンの姿が写っているが、見るからに超距離すぎる。ジェイニールーがシェア。

https://youtu.be/LyJHSX5xPZY https://youtu.be/epMb4XpSshY

スポンサードリンク

スマホアプリ

ランニングアートに使われているアプリにはどんなものがあるのか。世界のランナーが使っているものを一覧化しました。唯一、メーカーが公式にルートアートをPRしている影響からか、海外ではStravaが一番多く使われている印象。対して国内では、NikeのNRCが多いのが体感的な印象。

ランニングアプリ一覧

中心となるランニングアプリたちです。この中の一つを使えばOK。メーカーやデザインなど、趣味・志向にあったものを選ぼう。

アプリ名 特徴 描画ライン
Strava 世界的に有名(ラン、バイク、スイム、の鉄人レース向けで長距離が前提) 赤鉛筆(細)
NRC Nikeのランだけアプリ 蛍光イエローのクレヨン(極太) ※背景ダーク
Runtastic adidasと統合され、ランから筋トレまであらゆるスポーツを記録 蛍光グリーンのマーカー(太) ※背景ダーク
Runkeeper アシックスと統合され、ランからズンバまであらゆるスポーツを記録 赤の水彩マーカー(太)
GARMIN (検証中)
UnderArmer (検証中)
アプリとルート仕上がりをざっと見渡して、赤鉛筆のStravaが一番描画に適しているのように感じるのが第一印象だが、ペースで色が変わるサーモグラフィー風な描画がランニングらしさとも言える蛍光イエローもアリかなとの印象で、ホルベインか、ウィンザニュートンかの画材選択のようにランアプリに迷う。

支援アプリ

ランそのものより、ランニング周辺を手助けしてくれるアプリたちです。

  • RunGo:ランニング用ナビアプリ。当サイトのランニングアートでは必須と見ている心臓アプリで、こちらのページで詳しく紹介しています。
  • relive:ルートを3D動画に変換するアプリ
  • Run& :カップル向け(必要な方どうぞ)
RunGo
RunGo
バッテリー対策など、十分考えているコーチ級の人ならランアプリと支援アプリを2つ同時に立ち上げてもいいですが、一般の方には煩雑でラン中注意散漫し特に子供は危険です。もしプロジェクトなどで大衆化するなら、RunGo一本使用のみを勧めます

スマホ画面の録画方法

アプリの様子を録画したい時は、下記方法でiPhone画面を動画で標準で保存できる(アプリ不要)。

ランニングアプリ比較(2019年版)

以前、いくつかの人気ランニングアプリを比較した内容の投稿をしています。ご参考にどうぞ(下記画像クリック)。 ランニングアプリ比較2019

スポンサードリンク

世界のランニングアート事情

世界のGPSアート、ランニングアートにはどんな動きがあるのか、見つけ次第更新します。

内容 補足
韓国 ART RIDING アプリメーカーStravaとスポーツアパレルのルコックコリアの協賛で、韓国の首都ソウルの中心を流れる川・漢江を挟んだ2つのエリアの中で決められたテンプレート画、または自由画、いずれかのGPSアートを競い合うイベントし2017年は500人規模の参加。参加者のほとんどはロードサイクルだが、ライドに対し特に規定はなく、ランやキックボード、ママチャリでの参加もあり。同趣旨のStravaグループもある。
日本 Adventure GPS Drawing – 干支ランZodiacRun 顔マラソンとやっさんによる干支ランプロジェクト。2018年10月29日スタート。今後要注目か。

フランスでも

ツールドオブフランスで有名なこの国ではパリに描かれたサメが話題になった様子、他にもライオン、コウノトリ、象など、ライオンはフランスの車メーカー「プジョー」を感じさせてフランスらしいクオリティーに仕上がってます。 https://twitter.com/ambafrancejp_jp/status/1093345326205931521

フェイクと指摘された事例

検証が困難である理由でか、ランニングアートにはフェイクや実際に走るのは無理なものが多くあり、下記事例のような某運送会社CMのランニングアートが完全な偽物だったというニュースもある。 フェイク記事だったランニングアート

Gizmodoが配信した世界最大のランニングアート
のちにGizmodo自体がこのニュース内容がフェイクだったことを投稿

https://www.gizmodo.jp/2008/05/gpsdhl.html https://japan.cnet.com/article/20374130/

ニュースの翻訳
世界最大のGPS追跡最大の描画は完全な偽物です

あなたはGPSトラッカーのピンポイントDHLメーリングによって作られた、いわゆる「世界一大きな絵」を知っていますか? そう、コメンターを疑っている人は皆正しかった。それは完全で全くの偽物だ。 アーティストのErik NordenankarがDHLの倉庫に入れられることを許可されていましたが、実際のメールに関する限りはそれについてです。 彼のウェブサイト上のメモは「これは架空の作品です。DHLはいつでもGPSを輸送しませんでした」と述べています。 つまり、GPSトラッカーもDHLピンポイントのグローバルメーリングもありません。 偽物の1つだけの大きな蒸気の山。 [ガジェットラボ]

有名なStravartアーチストだが…

ロケットニュースに投稿されたネットニュースだが、これも一部に実際に走ってないものであることがわかっている(元となったフェイスブック投稿のコメント欄で実際に走っていないと本人のコメントがあった)。特に、スティーブンルンド(Stephen Lund)によるTour de Victoria logoハチドリの羽を拡大するとわかるが、ルートには道さえなくビルを突き破ったルートや、中には川を橋を使わず渡っている。

ポイントトラッキング(1次元計測法)とルートトラッキング(2次元計測法)

これは、ルート通り走ることをゴールとせず、地図上の点にさえいれば通ってないルートも「通ったことにする」考えの流派、つまり「ポイントトラッキング」と言うことができる。鉛筆で例えると、点だけで書いて、完成させたのはアプリである点で、描いたのは本人ではないことからハック的な使い方に賛否両論あるだろう。 下記リンク先のネットニュースでも「実際走ったルート」として紹介されており、トラッキング方式に触れていない。結果的に走って描いた、ルートを走った、という印象だけが広がり、結果的になんでもありの状態になっていることが非常に残念。これらのことは、この分野にははっきりとしたルール、ガイドラインが必要であることを物語っている。

ロケットニュース

Googleマップとアプリを使って ‟地図に図柄を描く” サイクリストが「体を張ったGPSアート」を展開! 街全体がキャンバスに!!

ハフポスト

リアルで話題だった「ランニングウーマン」もフェイクルート

こちらは、MayMyFitness.com(現在は廃止)の「ルートアートコンテスト」でベストアーチスト賞に選ばれたSylvia Rowlandさん作の「Running Woman」ですが、拡大してよくみると、家やビルを突き破ったり、しかも建物内にも点があり、1次元トラッキングとも言えず、決してランニングで進めるルートではない、こうなると「ただの絵」だ。のちに本人が「走ったわけではない」と創作を打ち明かしたものの、走ることすらできないフェイクルートでもネットでは真実のようにシェアされ語り継がれてしまっている。

ルートを拡大すると…

フェイクルートを見分ける方法

本当に走ったり、ライドしたルートなら、下記一覧にした情報が残っており確実に走った証拠となる。GPSアートのクリエーターたちは、創作の苦労と達成感からルートに関わるいろんな生データ公開するだろう。

安心できる事例

  • ランログがある(ラン、ライド、などのランアプリでの記録、あるいはGPSロガーの軌跡データ)
  • ルート情報がある(距離、タイム、走行日時の3セットが揃っている)
  • ルート走行中の写真がある(苦労したルートは、その足取りを写真や日記に記録するだろう)

怪しい事例

  • GPSアートは素晴らしいが、それ以外の情報がない(距離、タイム、走行日時などが公開されてない)
  • ランアプリのシェア画像や、ログ画像がみあたらない(ランアプリから書き出されたシェア画像にはタイムが合成されるのだが、なぜか公開されず、ログアプリ以外の地図アプリを使っている)
  • 絵がリアルすぎる(すべての道は人工的であり、リアルすぎる道などない)
  • 迷ったり道を間違えた形跡がない(凡ミスから工事中まで、ルートでのハプニングをどうカバーするかもGPSアートの要なのだがそれ自体ない)

スポンサードリンク

GPSアート関連のプログラム開発

「下手なGPSアートジェネレーター」で描いた初音ミク GPS アート生成のための最適歩行経路探索システム

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

mojigumiの代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしています。