短距離の文字型GPSアートが面白い

50周年のお祝いGPSアート
50周年のお祝いGPSアート

GPSアートの中でも「文字」というテーマがある。「」や「LOVE」「がんばれ」「感謝」といった直接的なメッセージで、絵やキャラクターよりも言うことがはっきりしているし、だいいち絵を描くスキル要らずなのがいい。時にはガツンとはっきり示したい時にぴったりなメッセージ性の強い「文字型GPSアート」についてまとめました。

現在、書きかけの投稿です

クサリ走法で増す一筆感

文字型GPSアートは絵とちがって元から線で描かれてるモチーフなので、GPSアートに絵よりも向いている。なのに、絵より映えている「文字型GPSアート」はめったにお目にかからない文字の潜在力、ポテンシャルが活かされていないからだ。

さが桜マラソンGPSアートコンテスト
さが桜マラソン2022 GPSアートコンテストに出品した「佐賀」文字

文字が持つ潜在力

絵にはない文字の潜在力、ポテンシャルとは何か。それは線で書き切れるということだ。元の猫や熊は立体なので線はない。人間が線だと勘違いしているのは輪郭であり、それは立体の地平線にすぎない。対して、文字はそれ自体が線なのであり、GPSアートにとって文字こそ本領発揮できるはずだ。

一筆書きで、折り返しも重複もしない数字の描き方。
どうせ折り返すなら複線化=袋文字にしてしまえばいいのだ。

数字型ランニングアートの応用
数字型を応用し複線化
数字のGPSアート
5月20日に公開した「520」の数字GPSアート
数字のGPSアート
記念日や誕生日用に「50」のGPSアート
54歳のGPSアート
54

閉じる必要も包む必要もない

例えば、文字は閉じる必要がないし、包む必要もない。わかりやすく極端な事例で説明すると上の図のようになる。このように過激な交差書き、クサリ走法で描くことができる。

賀正のお絵描きラン
「賀正」
百の形のGPSアート
「百」
「年」のGPSアート
「年」
「走」の文字のGPSアート
「走」
宝龍城ランニングアート公募出品作
「宝」

世界の文字型GPSアートの作例

twitterを中心に世界の優れた文字型GPSアートを紹介します。見つけ次第追加。

文字型GPSアートのブログ一覧

このような文字型のGPSアートのブログを一覧にまとめました。それぞれどんなコースを通ったのか風景写真や、音声ナビを受けられるルートの共有リンクもありますので、是非ご覧になってください。

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
専門は企画・出版・編集・印刷、Webデザインと管理。最近はブログ、動画、3DCG、AR、LINEスタンプ等のコンテンツ配信にも力をいれ、自分自身もランニングアートでコンテンツ化に努めています。