中国大手フィットネスアプリ咕咚の「宝龙城ランニングアート公募」に挑戦

2022年4月、中国の大手ランニングアプリ大手「咕咚」が文字型GPSアートの公募「咕咚创意軌跡一起跑(クードンで一緒にランニングアート)」をスタートし5月末に締め切られた。そのコンテストへの応募作品がこちら。ランニングの風景やGPSアートの作り方までをまとめました。

現在書きかけの投稿です

コウ・タダシ
コウ

東京・国立市で干支ランGPSアート現在130コース達成!。2022年には200コース設計を目指している私、デザイナーのコウが執筆しました。(プロフィール

応募したGPSアート作品

僕が応募した作品はこちら。「宝龙城」とは中国・台州にあるおしゃれなショッピングモールだ。コンテスト運営側は、ショッピングモールのゆるキャラ、あるいは、「宝龙」の文字を課題にあげていて、文字型GPSアートにハマっていた自分にぴったりだと感じ、文字型コースで挑みました。

宝龍城ランニングアート公募出品作
「宝」の文字
宝龍城ランニングアート公募出品作
「龙」の文字

咕咚のコンテストページには沢山の投稿が集まり、累計6万2千を超えるエントリーが表示されている。驚くべき数字だが、作品を応募しているエントリーはわずか。ハッシュタグを付けた応援ツイートがとても多いようだ。文化の違う海外の公募なので細かいことは考えず、素直な気持ちで応募しました。

宝龙城ランニングアート公募
宝龙城ランニングアート公募のWeb画面

2022年6月9日現在、コンテストの結果が発表されていません。結果で次第、更新します。

RunkeeperのGPSアート

RunkeeperのGPSアート
Runkeeperの「宝」
RunkeeperのGPSアート
Runkeeperの「龙」

adidasのGPSアート

adidasのGPSアート
adidasの「宝」
adidasのGPSアート
adidasの「龙」

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
専門は企画・出版・編集・印刷、Webデザインと管理。最近はブログ、動画、3DCG、AR、LINEスタンプ等のコンテンツ配信にも力をいれ、自分自身もランニングアートでコンテンツ化に努めています。