NIKEエアズームペガサス38 日本限定GPS RUN モデル使用レビュー

NIKE GPS RUN

2021年モデルのNIKEエアズームペガサス38(Air Zoom Pegasus 38)。かねてより定評のあったペガサスシリーズの中で、SNSや動画等の各方面から特に高い評価を得ているロングラン商品だ。このシューズについて重さや使用感など他のシューズやペガサス39との違いについて市民ランナー視点でまとめました。

コウ・タダシ
コウ

東京・国立市で干支ランGPSアート現在130コース達成!。2022年には200コース設計を目指している私、デザイナーのコウが執筆しました。(プロフィール

ペガサス38使用レビュー

NIKEエアズームペガサス38は、アッパー(外装の繊維素材)とシュータン(靴紐の下部素材)が統合されたシンプルな構造が特徴。アッパー素材は39と比較しふっくらしていて、フィット感を高めてくれる。

重さ

履き心地

アッパー

ミッドソール

ソール

フライイーズ

トレイル

比較表

重さやデザイン、特徴などを他のシューズと比較しやすく表にまとめました。

ペガサス38ペガサス39フリーラン2020リアクトラン
重量(26cm)
デザイン
特徴
おすすめ度

GPS RUN キャンペーン

NIKE GPS RUN

NIKEジャパンから2022年春、街でランニングアートを楽しむGPSランナーをイメージしたGPS RUNアパレルコレクションが発売された。

ランニングコーデ

NIKE GPS RUNのランニングコーデ

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
専門は企画・出版・編集・印刷、Webデザインと管理。最近はブログ、動画、3DCG、AR、LINEスタンプ等のコンテンツ配信にも力をいれ、自分自身もランニングアートでコンテンツ化に努めています。