「家に帰って世界を救おう!」と伝えるランニングアートを国立市に

家のランニングアート
家の形のランニングアート

世界でコロナウイルス(COVID-19)拡大が続いています。今年開催されるはずだった東京オリンピックの1年延期が決まったと同時に日本国内で感染者数が増えている印象。そんな中、世界で「Stay at home」チャレンジという、ウイルスで気持ちを暗くせず、リモートワーク、リモート授業、自宅ジム、自宅〇〇、といった自宅活動が盛んになりつつあるので、自分も「家」をテーマにおよそ14キロのランニングアートに出かけました。

国立市のマラソン大会「LINKくにたち2020」も中止に

当サイトの拠点・国立市で、毎年ピンクのリンクマークでおなじみのリレーマラソン大会も、にもコロナウイルスの影響で中止になってしまったようです。残念ですね。

ランニングアート情報

Embed from Getty Images

前回の「手洗い」ランニングアートと同じ14キロ程度の距離だが、前回の2時間14分に比べて22分も早い1時間52分で完走できた。徐々に筋力が上がってきていることを実感できて嬉しい。このように、ランニングは走ればもっと走れ、サボると筋力がすぐ衰え走れなくなる、そんな日常の習慣と密接なスポーツだと感じる。筋肉がこうだということは、きっと脳みそもそうなんだろう。。

ルート名くにたちの家
距離14.2k
タイム(サブ6)1h52m

スポンサードリンク

ランニングルート公開

最近の試みとして、AppleWatch使用の目的として、思い切ってRUNGOは使わず、アクティビティapp一本に絞った。理由は、RunGoをウォッチで見ようが結局iPhoneで確認が必要であることと、バッテリー保ちを伸ばすため。GPSロスト回避と電池のためにStravaも起動せずスタートとなった。

ルート共有

こちらのルートはアプリ「RunGo」にて公開中です。スマホにアプリインストールしたら下の使用方法で音声ナビ付きで誰でもランできます。

RunGo
ルート使用方法
  1. 事前にスマホにRunGoアプリをインストール
  2. スマホで下記リンクをクリックし、RunGoアプリに切り替わる(「Viwe RunGo App」クリック)
  3. ルート右上の「❤︎」タップで「マイルート」に登録される
  4. RunGoのルート検索「マイルート」タブからこのルート選択後「ラン開始」。

国立の家(14.2k)

SNSシェア用画像の例

NRCのシェア画像のコツがイマイチわからなかったが、道路を背景にするとすごく映えりやすいことに気づいた。このアプリのステッカーに白いマークが多いのも、グラフィティやストリートアートのステンシルをモチーフにしているに違いないので、道路背景最強説は今更なのだが。今後はアスファルトを被写体にするのを増やそうかと思います。

NRCのルートシェア画像
NRCのルートシェア画像

距離があるのに意外にも細密性がない

今回、完走してNRCアプリに出来上がったこの絵を見た時、やや期待外れな気持ちがあった。距離が十分あるのに細密さが足らないと感じたからだ。理由は直線が多すぎるからだと思う。直線的構成だと距離感が全く出ない。いままで直線の多さを「いいこと」と感じていたが今回の気づきで限りがあると感じた。いままではギザギザを忌まわしく感じジグザグを避けてデザインしてきたルートデザインだが、精密さをだすためには避け過ぎてもダメなんだと。では今回、どこでジグザグを出すべきだったか?ステップやレンガ調、アンテナなどを追加すべきだったか。柵をつけても良さそう。ということで、RunGoのルートデータは今回のルートよりやや細密になっている。

コロナテーマのランニングアート3部作完成

コロナウイルス流行で、ランニングをしてもCOVID-19のことで頭がいっぱいの昨今。ウイルステーマのランニングアート三部作となりました。今後はコロナから離れ、また動物テーマに走りたいと思います。

防疫服のランニングアート
防疫服
手洗いのランニングアート
手洗い
家のランニングアート

ランニング中の写真

今回、桜が綺麗だったのでランニング中にいくつか写真をとりました。

桜がきれいな国立市の大学通り
国立市の大学通りはこの季節、桜がとてもきれいだ。この日は満開を過ぎてしまった。
国立市の小道
国立市の北口側にある、すごく細い小道。ここを通るのが好きなので、よくコースにいれる。
国立市のお店
国立市北口から徒歩3分程度にある可愛いお店。
国立市北の桜
国立市北側のコース。ここも桜がきれいだった。

海外の作例

立体的で細部まで細かくてすてき;

View this post on Instagram

Stay home run

A post shared by Bronson McKinley (@bronsonmckinley) on

ランニングアートに役立つおすすめ商品

ランニングアートに便利なオススメ商品をご紹介。この2点はほんとに便利で使い出したら戻れないほど。AppleWatchに次の曲がり角までの距離が表示されると、iPhoneで地図を確認する回が激減しますし、無線イヤホンにするとケーブルがブラブラして気が散ることもなく、集中してランニングが断然楽しくなりますよ。

交通ルールを守ってRUN

🏃‍♂️交通ルールを守って、車に気をつけて、安全なランニングを心がけましょう🏃‍♀️

スポンサードリンク

ランニングアートシリーズ、まだまだ続きます

ランニングアート

49ルートを超え、50コース完成目前!この「ランニングアート」シリーズは下記ボタンにまとめていますので、もしよろしければ他のランニングコースもチェックしてみてください。今後もいろんな図形のGPSアートを公開予定ですので、お楽しみに。

ランニングアートまとめ

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。