桜がきれいな国立市にぴったりなコース!25キロのGPSランニングアート

桜のランニングアート

今週はじめ新元号が発表され祝福ムードに包まれてか、日本全国で桜の形のランニングアートがどんどん発表されているので、流れに乗りおくれまいと急いでコース作って晴れの日を狙って外出。国立全体と国分寺エリアも含んだ大きな桜型ルートができましたが、全長25キロ、完走に3時間かかってしまうという、いつもよりハードなコースになった。

くにたち市大学通りの名物・桜並木

国立市の大学通りの桜並木
国立駅から南に20分ほど歩いたところにある歩道橋からの眺め。

国立市といえば、春のこの季節に満開になる大学通りの名物・桜並木。お気に入りはJR国立駅南口ロータリー前の横断歩道中央からの撮影だが、信号がない横断歩道なので、ゆっくり写真撮ってると迷惑だし危険。なので谷保駅方面へ徒歩20分ほどに歩道橋があって、その上から国立駅に向かっての写真撮影が、毎年この時期の楽しみになっている。せっかく行くなら徒歩でじゃなくランニングの途中で立ち寄ってみたい。流石にランニングウェアの見物人はおらず自分だけ少々浮いてる気がするが気にせずパチパチ撮っていましたが、あまりここで時間をつぶしすぎるとランニングのタイムに影響するので、適当に切り上げてGPSアートを続行。桜満開の迫力に、いつもよりワクワクするランニングになりました。

国立市でランニングアート

ランニングアート情報

国立南口からスタートし、国立市全体をぐるっと大きく花で囲んだ後、おしべめしべを最後に描画しフィニッシュ。おしべは花の中心にあるので、どうしても花びらからコースが伸びて不自然な道筋ができてしまう。GPSランナーなら通常こういう時にアプリを一時停止するなどの裏技を使うのだが、そういう方法は避けてできるだけ一筆書きで完成させたい。結果、国立駅南口でさりげなくおしべと花を連結しました。

Nike+アプリのペースカラー機能していない?

本当は、Nikeアプリのペースカラーを使っておしべめしべだけを赤くしようと、その部分をスローペースにしたんですが、まったく赤くなっていない。それどころか、ハイペースで走った花びらの一部が赤くなっていてショック。ランニングペースの色識別は不正確なのだろうか?それとも自分のiPhone7が古すぎて「衛生みちびき」処理能力に追いつけないのか。ペースカラーが正しく反映されていないのは前からうっすら気づいていたが、実際にランニングアートに反映されていないのを見ると凄くショックだ。

ランニングアート
Nike+を使ったランニングルート。おしべめしべを赤くするためにその場所はスローダウンしたのだが、まったく反映されていないし、ペースがたかかった花びらが赤くスローダウンされている。ペースカラーはあてにならないのかも。
ルート名 国立さくら
距離 約25K
タイム 約3h05m

スポンサードリンク

ランニングルート公開

国立市のマーク25キロもあるハーフマラソン級のロングコースなので、体力に自信がある人、国立市への郷土愛がある人はぜひどうぞ。国立市のマークは桜なので、このルートをアレンジして国立市マークも作れそう。実は、今回の桜ルートは8個ほどのバリエーションが用意されてて、体調によっては国立市マークのような花粉のないシンプルなコースも用意してたけど、今回はどうしても花粉付きのフルスペックで挑みたかったので、25キロで行きました。

ルート共有

⚠️事前にRunGoアプリのインストール、アカウント登録が必要です。

RunGo
RunGo

ルート使用方法

スマホで下記リンクをクリックし、RunGoアプリに切り替わり(Viwe RunGo Appクリック)ルート右上の「❤︎」ボタンで「マイルート」に登録される。スマホアプリのルート検索「マイルート」タブからこのルート選択後「ラン開始」。

平成最後のランニングにどうぞ

平成の形のランニングルートも作りました。平成も残り1ヶ月。平成最後のランニングにこの「平成」のランニングコース是非ご利用ください。

🏃‍♂️交通ルールを守って安全なランニングを心がけましょう🏃‍♀️

スポンサードリンク

国立市南口大学通りの桜並木

ここで国立市の春の名物、大学通りの桜並木をご紹介します。

国立市の桜
国立駅南口から歩道橋に向かうところ
国立市の桜
大学通りには桜の他にも雪柳も見ることができて、桜と同様に満開でした。

国立市の桜

国立市の桜
歩道橋に登って国立駅方面を見た景色。小さく駅が見え、見物人も多い。
国立市の桜
歩道橋の北側の景色。この再起にはJP南武線・谷保駅がある。
国立市の桜
歩道橋の夕方

国立市情報アカウント「くにったー」さんがリツイート

クニッターさん、ありがとうございます! たしかクニッターーって国立市公式アカウントができる随分前から国立市情報を拡散されていた地元くにたちのインフルエンサーさんです。これは嬉しい。

ランニングアートシリーズ、まだまだ続きます

ランニングアート

新年からこればっかりやってる感がありますが;この「ランニングアート」シリーズは下記ボタンにまとめていますので、もしよろしければ他のルートもチェックしてみてください。今後もいろんな図形を公開予定ですので、お楽しみに。

ランニングアートまとめ

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。