立川、国分寺、府中、国立市にかけて孔雀のランニングアートを描きました

クジャクのランニングアート
Nike Run Clubを使ったクジャクのランニングアート

梅雨が終わって、熱中症にならないように暑い日を避けて久々のランニングとなった今回のランニングアートは孔雀。25キロ以上、と自分にしては長距離で、国立市、国分寺市、立川市府中市の4市にかけて広いエリアで描いたGPSランとなった。

ランニングアート情報

最近は暑さと雨でなかなか長距離ランに出掛けられない。やっと走れる日をみつけてのランとなったが、日頃走れないでいたためかタイムは悪目。しかたない。

ルート名孔雀
距離25.6k
タイム(サブ6)4h00m

スポンサードリンク

ランニングルート公開

今回起動したランニングアプリは、RunGoNRC、の2アプリ同時起動。最近はこの2つにAppleWatchでのRunGoナビを予備としてランするのが定番になっている。

ルート共有

こちらのルートはアプリ「RunGo」にて公開中です。スマホにアプリインストールしたら下の使用方法で音声ナビ付きで誰でもランできます。

RunGo
ルート使用方法
  1. 事前にスマホにRunGoアプリをインストール
  2. スマホで下記リンクをクリックし、RunGoアプリに切り替わる(「Viwe RunGo App」クリック)
  3. ルート右上の「❤︎」タップで「マイルート」に登録される
  4. RunGoのルート検索「マイルート」タブからこのルート選択後「ラン開始」。

国立市から立川、国分寺市、府中市の広い範囲をラン

スタートは孔雀の羽の先にある住宅地の真ん中から。4市わたる広いエリアでのランだったので旅気分で楽しく長距離ランニングできた。次々と景色が変わるランニングは走っていても疲れを感じにくく飽きない。曲がり角のたびに次はどんな景色になるのか待ち遠しさを感じられる。そんなランニングアートは、最近マンネリになった、退屈だなーと感じるランナーにとてもおすすめです。

住宅地をスタートしてしばらくすると、一橋大学前に向かう大学通りに入る。ここは国立市のランナーの定番中の定番のランニングコースだ。とても気持ちいいが、コロナ渦でのランニングなので蜜を避けやや緊張気味。
立川未来センター
国立市を離れ立川まんがパークのある「立川子ども未来センター」に到達。ここが孔雀コース尾羽の最西端。
立川市錦町4丁目のお屋敷
立川市錦町4丁目の角にある和風のお屋敷。このあたりはかつて国立市青柳町(旧青柳村)と立川(旧立川村)の境にあたるとのこと。
国立市富士見台第二団地
国立市富士見台第二団地」の公園に到着
セレモアガーデン会館
孔雀の足を描くために一気に北に向かい青梅街道(256号線)沿いのセレモアガーデン会館に到着
安倍総理大臣辞任を伝える新聞の特報
ランニング中の夕方に、安倍総理大臣が辞任。号外(特報)が新聞店の外に貼られていた。
国立富士見台第一団地
今日のランニングコース2つ目の団地「国立富士見台第一団地」を通過
国立富士見台第一団地東側にある小道
国立富士見台第一団地東側にある小道のランニングはとても気持ちよく、お気に入りコースの1つ
鉄道信号のある家
府中市北山町3丁目にある、鉄道信号のある珍しい家。府中市を走るのはこのあたりのみ。
国立市東3丁目の坂道
国立市東3丁目からたまらん坂公園(国分寺市内藤1丁目)に登るきつい坂道
国立市たまらん坂
国立東3丁目のたまらん坂
国立国分寺間の橋
JR中央線、国立国分寺間の橋を渡って国分寺市日吉町2丁目に到達。

スポンサードリンク

NRCのシェア画像

孔雀コース完走時にNIKEリアクト・インフィニティー・ランとともに撮ったRunGoNike Run Clubのシェア画像です。

RunGoのルート図
RunGoを使ったシェア画像
Nike Run Club
Nike Run Clubを使ったクジャクのランニングアート

微博「人民日報」ランニングアート公募で2等受賞!

この孔雀コースですが、中国のツイッターにあたる「微博」の「人民日報スポーツ」アカウントで8月に開催されたのランニングアートコンテストに応募して、なんと2級を受賞いたしました!!私のランニングアート 人生で二度目の受賞となります。(一回目はアディダスのインフルエンサーさんによりfacebookグループで開催されていた「GPSアートで勝手にオリンピック」春のお花見部門にて、特別優秀賞を受賞しadidasのTシャツをいただきました ^ ^)

人民日報スポーツによるランニングアートコンテスト
中国のSNS微博で開催された人民日報スポーツによるランニングアートコンテスト告知文
ランニングアート2等の商品
ランニングアート2等の商品がこちら。「2等」というのは「2位」ではなく日本語でいう「2級」という意味のようで、同級には20人のランナーが受賞し、そこに自分も含まれました。Tシャツなどの受賞商品で、アシックスジャパンを通して日本の自宅に送付されるらしい。この文章を入力している時点ではまだ未着。
ランニングアートの受賞一覧
私のアカウント名(@mojigumi)がはっきりと受賞一覧に載っています。やったー。
GPSアートで勝手にオリンピック
2020年5月にfacebookグループで開催された「GPSアートで勝手にオリンピック

GPSランに役立つおすすめ商品

ランニングアートに便利なオススメ商品をご紹介。この2点はほんとに便利で使い出したら戻れないほど。AppleWatchに次の曲がり角までの距離が表示されると、iPhoneで地図を確認する回が激減しますし、無線イヤホンにするとケーブルがブラブラして気が散ることもなく、集中してランニングが断然楽しくなりますよ。

交通ルールを守ってRUN

🏃‍♂️交通ルールを守って、車に気をつけて、安全なランニングを心がけましょう🏃‍♀️

ランナーの間でBUFFが話題に

ターバン ヘッドバンド - HAMIST 6枚入り フェイスマスク アイマスク リストバンド アウトドアバンダナ スポーツターバン 多機能チューブ型 吸汗速乾 抗菌防臭ダンスサイクリング ハイキング ジョギングのため 男性用 女性用 (6*スポーツ風2)

ノーベル賞の山中教授が、「走って大きな息をするとウイルスをまき散らす」と、ジョギング中のマスクなど着用提案を提案したことで話題となっているBUFFというマスク型バンダナ。たむらけんじもツイッターでランナーの呼吸や社会的距離に注意をするなど論議となっている。コロナウイルス非常事態宣言の厳しい目が向けられる中でのランニングに皆さんもいかがだろうか。BUFF(3000円程度)以外にもワークマンには格安な商品(400円程度)も発売されているという。

ランニングアートシリーズ、まだまだ続きます

ランニングアート

今回の日本地図コースで65コース目の「ランニングアート」シリーズは下記リストにまとめていますので、もしよろしければ他のランニングコースもチェックしてみてください。今後もこんなGPSアートを公開予定ですので、お楽しみに。

ランニングアートまとめ

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。