国分寺、府中、国立市にかけて描いたランニングアート「熊」

熊のランニングアート
熊のランニングアート

孔雀が中国の公募で受賞して2週間後、今回のランニングアートは同じ動物のクマ。孔雀同様、19キロのハーフマラソン級で、またもや、国立市、国分寺市、府中市の4市にかけての広いエリアでのGPSランとなった。

ランニングアート情報

この熊コースは耳の部分でアプリ停止を2回行わなくてはならない。しなくても大丈夫だが、したほうがよりリアルな耳になるはずだ。ちなみに上のランニング図ではアプリ停止を失敗して耳の上が飛び出てしまっている。正常に停止できた場合は下の図のようになるので、リアル派を目指したい人は是非試してください。

RunGoアプリを使った熊のランニングアート
こちらは、RunGoアプリを使った熊のランニングアート。耳の部分を正確に描画できて大成功
ルート名クマ
距離19.6k
タイム(サブ6)3h15m

スポンサードリンク

ランニングルート公開

今回起動したランニングアプリは、RunGoNRC、の2アプリ同時起動。最近はこの2つにAppleWatchでのRunGoナビを予備としてランするのが定番になっている。

ルート共有

こちらのルートはアプリ「RunGo」にて公開中です。スマホにアプリインストールしたら下の使用方法で音声ナビ付きで誰でもランできます。

RunGo
ルート使用方法
  1. 事前にスマホにRunGoアプリをインストール
  2. スマホで下記リンクをクリックし、RunGoアプリに切り替わる(「Viwe RunGo App」クリック)
  3. ルート右上の「❤︎」タップで「マイルート」に登録される
  4. RunGoのルート検索「マイルート」タブからこのルート選択後「ラン開始」。

国立市から、国分寺市、府中市の広い範囲で

スタートは国立郵政研修センター前。ゴールもここなので、ちょうど国立市を一周する綺麗な周回コースとなった。ランニングアートは、最近ランニングがマンネリになった、退屈だなーと感じるランナーにとてもおすすめです。

甲州街道
くまさんの後ろ足、甲州街道に到達
国立富士見台第二団地
国立富士見台第二団地を通過
国立市富士見台第二団地
国立市富士見台第二団地西側の小道
国立市立国立第七小学校裏のお墓
国立市立国立第七小学校の裏の小道の角にひっそりと立つ古いお墓。
府中市北山町1丁目団地
府中市北山町1丁目団地前の通り。土地を整備しながらゆっくりと道路工事が進んでいる。
府中市北山町1丁目の道路工事
このように広い道路工事が進み、ここから谷保の高架橋を通り、国立府中インターチェンジへと繋がり、交通渋滞が解消されそうだ。
東京都公文書館
奥の白い「東京都立多摩図書館」の隣に大きな「東京都公文書館」が完成していた。
西国分寺駅南口
西国分寺駅南口前を通過し、ゴールのある次の駅・国立駅に向かう。

スポンサードリンク

NRCのシェア画像

熊コース完走時にNIKEリアクト・インフィニティー・ランとともに撮ったRunGoNike Run Clubのシェア画像です。

RunGoアプリを使った熊のランニングアート
RunGoアプリを使った熊のランニングアート
Nike Run Club
Nike Run Clubを使った熊のランニングアート

ツイッターの声

熊に関するニュース

熊捕獲 過去最多 19年度 今年も増ペース」とのニュースがこの熊ラン直後に日経から配信された。去年からの悪天候や大雨のためか、餌となるドングリが凶作だったことが熊出没の原因となっている様子。捕獲数は去年19年は6285頭、今年20年は7月の時点1941頭。詳しい論調は以下の通り。

2019年度の熊の捕獲数が6285頭に上り、過去最多だったことが環境省の調査で分かった。19年度は秋の餌となるドングリ(堅果類)が全国的に凶作。餌を求めて動き回る熊が多く、人的被害も140件あった。20年度も7月時点で1941頭が捕獲され、増加傾向で推移している。同省は、畑に農産物を放置しないなど侵入防止対策の徹底を促している。

日本農業新聞より

GPSランに役立つおすすめ商品

ランニングアートに便利なオススメ商品をご紹介。この2点はほんとに便利で使い出したら戻れないほど。AppleWatchに次の曲がり角までの距離が表示されると、iPhoneで地図を確認する回が激減しますし、無線イヤホンにするとケーブルがブラブラして気が散ることもなく、集中してランニングが断然楽しくなりますよ。

交通ルールを守ってRUN

🏃‍♂️交通ルールを守って、車に気をつけて、安全なランニングを心がけましょう🏃‍♀️

ランナーの間でBUFFが話題に

ターバン ヘッドバンド - HAMIST 6枚入り フェイスマスク アイマスク リストバンド アウトドアバンダナ スポーツターバン 多機能チューブ型 吸汗速乾 抗菌防臭ダンスサイクリング ハイキング ジョギングのため 男性用 女性用 (6*スポーツ風2)

ノーベル賞の山中教授が、「走って大きな息をするとウイルスをまき散らす」と、ジョギング中のマスクなど着用提案を提案したことで話題となっているBUFFというマスク型バンダナ。たむらけんじもツイッターでランナーの呼吸や社会的距離に注意をするなど論議となっている。コロナウイルス非常事態宣言の厳しい目が向けられる中でのランニングに皆さんもいかがだろうか。BUFF(3000円程度)以外にもワークマンには格安な商品(400円程度)も発売されているという。

ランニングアートシリーズ、まだまだ続きます

ランニングアート

今回の日本地図コースで65コース目の「ランニングアート」シリーズは下記リストにまとめていますので、もしよろしければ他のランニングコースもチェックしてみてください。今後もこんなGPSアートを公開予定ですので、お楽しみに。

ランニングアートまとめ

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。