バジル、エゴマ等のハーブをベランダで栽培する方法

ベランダでハーブ栽培

バジル

バジルのベランダ栽培
バジルのベランダ栽培

植え方

温度

肥料と水

  • リン肥料使用で追肥は不要
  • 水は、あげ過ぎ根腐れ注意(真夏は朝と夕方のみに)

摘心

  • 30cm以上に育ったら摘心
  • 2節と3節の間を切る
  • 病気予防のため、清潔なハサミで
  • 差し芽でさらに育てられる
  • 花をつけたら早めに取り、栄養を葉に集中

収穫

  • 風味のためには洗わずに食べる
  • 秋以降、種を採取すれば毎年育てられる

参考動画

種の採取

  • 茎の先にまっすぐ花たちが咲く
  • 花が散った後、全体が茶色くなったら、種が落下してしまう前に摘み取る
  • 一部緑が残っているものは1週間ほど天日干しし、茶色くカラカラになったら採種
  • 種の入った殻を網を通し種を出す
  • 殻のカスは、揺すりながら吹き飛ばす

種の保存方法

  • 乾燥させる
  • 封筒に入れ湿気を遮断し、ビニール袋で空気を遮断
  • 遮光

バジルスプラウトで食べる方法も

エゴマ

エゴマにはβカロテンやビタミンC、Eが豊富。これらは抗酸化作用につながり、その効能は、免疫力の向上や、美肌効果で若返りのハーブとも言われている。エゴマは別名「十年(じゅうねん)」とも呼ばれ、食べると十年長生きできるという言い伝えがある。

エゴマの発芽
エゴマの発芽

種まき

  • 種まきは5〜6月が適期。発芽率がよく、簡単に種から育てられる。
  • 7〜10号鉢に5〜6粒、プランター65cm幅のものに10〜15粒を目安に、種が重ならないように蒔く。ごく薄く土を被せたっぷりと水あげ。
  • 草丈10cmに成長したら、株間30cmに間引き。(鉢植えの場合は1〜2本)

温度

  • エゴマは涼しく多湿な環境を好む
  • 半日陰、または明るい日陰で育てる
  • 適温20〜25度で、とくに夏場は温度管理に注意
  • 他のシソ科の植物の近くで育てると、交雑しやすいので避ける
  • 耐暑性が弱いので、株元にしきわやをしたり、黒マルチを張って、防暑。
エゴマの葉
エゴマの葉

  • 水はけ、水もちのバランスのバランスが良く、pH6〜6.5程の中性に近い弱酸性を好む
  • 土の配合は、赤玉土小粒6:腐葉土4の割合で準備。市販の野菜用培養土もおすすめ

水やり

  • 土表面が乾いたら、たっぷりと水をあげる。
  • 乾燥に弱いので、夏場の水切れには注意。
  • 暖かい時期は土の乾燥具合みて、朝8時以前+夕方の、2回OK。

肥料

  • 追肥不要
  • よほど生育が悪い場合だけ、5〜8月に油かす等の肥料で

病気

  • 多湿な環境を好むエゴマは病気しがち。
  • 葉の表面に斑点ができ次第に株が弱っていくサビ病に注意。
  • 発見したら、被害部分を摘んで除去。
虫に食われたエゴマの葉
虫に食われてしまったエゴマの葉
エゴマに付いた害虫
エゴマについていた幼虫(2匹いた)

摘芯

  • 草丈が15〜20cmくらいになったら、下から2〜3節目直後を切る。すると脇芽が増え収穫増に。
  • 収穫をしつつ、5〜6節を切り2度目の摘心。
  • 9月に花が咲くまで2、3度繰り返す。
  • 花が出ると成長が止まる

収穫

  • 植付1ヶ月後、本葉が10枚以上に育った頃、5月下旬〜10月中旬に収穫。
  • 手で摘み取り、太陽があたり。風通しをよくする感覚で。
  • 初夏から秋まで収穫。

種の採取

  • 綿が出たら採取できる
  • 綿の殻から10粒ほどを採れる
  • 乾燥し、種を選別
  • 封筒やジップロック等に保存

食べ方

食べ方については、下記ページにじっくり詳細をまとめているのでそちらをご覧ください。

大葉

大葉には、青シソ、赤シソがあり、それぞれ収穫方法が違う。エゴマの近くで育てると交雑してしまうので、離して育てること

大葉のベランダ栽培
大葉のベランダ栽培

種まき

  • 種まきは5〜6月が適期。
  • 7〜10号鉢に5〜6粒、プランター65cm幅のものに10〜15粒を目安に、種が重ならないように蒔く。ごく薄く土を被せたっぷり水あげ。
  • 草丈10cmに成長したら、株間30cmに間引き。(鉢植えの場合は1〜2本)

温度

  • 暑くなりすぎないように
  • 真夏は日陰、半木陰

害虫

  • 葉に小さくて白い「ハダニ」がつく
  • 水をたくさんかけ流す
  • サビ病にかかりやすいので注意

摘心

  • 30cm以上に育ったら摘心
  • 脇芽の真上を切る
  • 例えば、80cmの主枝に対し40cmの脇芽の真上を狙う
  • 葉が重なったら間引き収穫
  • 花が出ると成長が止まる
  • 摘心したものは芽植えできる

追肥

  • 『化成肥料』を使用。大葉に適した肥料の成分比は、チッ素(N)-10 リン酸(P)-2 カリ(K)-7の割合。大葉に適した肥料も売られている。
  • 1回目の追肥は植え付け後、草丈15~20cmの頃。
  • 2回目以降は草勢や葉の色の様子を見ながら、月に1~2回程。
  • 肥料しすぎは害虫を寄せやすくし、雑草も生える

収穫

  • 40cmくらいに育ったら収穫できる
  • 時期によっては毎日収穫できる
  • 先端の1〜2節を避け、下から収穫
  • とりすぎると成長が遅くなるので注意
  • 脇芽は左右均等に取るとバランスいい
  • 葉の裏は香り高いのでさわらない
  • 収穫後はリン系肥料を追肥
  • 赤シソの場合は、下から脇芽直後をバッサリ切る。
  • 花穂も食べられる

種のとり方

  • 花の茎がカラカラに枯れた頃に種取り
  • 茎を摘み取り、指で転がすと4粒ほどの種が出てくる
  • 茎を振れば地面に落ちるのでそのまま栽培してもよし
  • 乾燥した場所に保管。冷蔵庫でもよい。

参考サイト

大葉の花を食べる方法

サムチュ

種の採取

  • 茶色くなった大葉の茎を用意
  • 穂を指先ですりつぶすと、10粒程の種が出る
  • 乾燥し、ジップロックや封筒に保存、遮光する

パセリ

種まき

  • 2年草のため、2年たつと株が枯れます。
  • 春まきの4~5月と、秋まきの9~10月の2回まいておくと、新鮮な葉をいつでも収穫。
  • 好光性のため土はかぶせず、1か所に3~4粒を手のひらで軽く押さえ。発芽まで種が飛ばないように注意しながら霧吹きで水やり。

日当たり

  • 日当りのよい場所~半日陰程度で栽培。
  • 日光不足で徒長する。
  • 日当たりがよい方が葉の色が濃い。
  • 光が強すぎると葉が固くなるので、バランス見。
  • 適温15~20℃。
  • 耐寒性・耐暑性に優れ、1年を通して栽培可能。

土と水やり

  • プランター栽培のパセリは、野菜用培養土を。
  • 夏の強い日差しに弱く、乾燥すると下葉が黄色く。
  • 夏は乾燥しないように水やり注意。冬の水やりは、土が乾いてから。

間引き

  • 双葉が開いたら元気なものを2本立ちに、本葉4~5枚のころ1本立ちに間引き。
  • プランターは、8~10粒まいて、双葉が出たら同じように間引き始め、本葉5~6枚で1ポット1本になるよう間引き。

植え替え

  • 特に植え替えは不要。
  • 株間は20cm位は空ける。苗と同じくらいの穴を掘り、ジョウロでたっぷり水を注ぎ、水がひいたら穴に苗を植えつけ、畝全体に水をかける。

  • 6~7月に小さな白い花を咲かせます。
  • 種で増やせる

肥料

  • 2回目の間引き後、追肥は月に1度。
  • 株が疲れたり、葉が黄色くなったら、追肥の回数を20日に1度に増。

害虫

  • キアゲハは葉を食害。
  • 葉にフン見つけたら、必ず幼虫がいる。
  • 1枚1枚注意深く探し、幼虫を捕殺すること。
  • 茎がぽっきり折れていたら状態を見つけたらネキリムシの仕業。1cmほど土の中を割りばしなどで軽く掘り返し探す。

収穫

  • 本葉が12~13枚になったら、外葉から摘み取り
  • 収穫しすぎて、株が衰えないように気を付ける。
  • 常に8~10枚ほど残しておくと次々と葉を増やし、1年中収穫できる。
  • 長く収穫するためにも、花芽は摘み結実しないように。

ディル

バジルと同じように暑さに強いハーブ。

食べ方

ディルを入れたキャロットラペ
ディルを入れたキャロットラペ
ディルを食パンといっしょに食べる様子
ディルを食パンといっしょに食べる。
イエローカレーの完成
イエローカレーにデイルをふりかけた。

種の採取

サムチュに似て春と夏に栽培できるが、花は春にしか咲かない。ディルの種はインドカレー屋のレジ前によく置かれているあの種だ。

  • 5〜7月に黄色い花が咲く
  • やがて花が落ち膨らんできます。
  • 膨らんだ種子は黄褐色になると落ちてしまう前に収穫。
  • 乾燥し保存

ニンニク

買うべき種

品種向いている気候特徴
青森ニューホワイト六片⭐️寒地大きい!
葉は弱い、
福地ホワイト寒地塊大き目
青森県福地村が発祥
山東ニンニク暖地中国産
葉としてもお勧め
博多八片暖地パンチあり
熊本くまもんニンニク暖地
山口赤丸ニンニク暖地小ぶりだがパンチあり
沖縄ニンニク暖地小ぶりだがパンチあり
収穫が早い
芽が短い
ジャンボにんにく暖地巨大
パンチ弱い
塊として食べる
芽が太く最適

植え方

育て方内容メモ
時期9~10月植え付け5月末収穫
プランター45型・長方形おすすめ
培養土+元肥チッソ6、リンサン20、カリ3、マグネシウム5等
追肥収穫まで2回(11月~ 12月と2〜3月)株の周りに「有機化性肥料」「配合肥料」パラパラ
皮はしっかりとり、傷けないこと(特に頭)
植え付け15〜20cm間隔、優しく土かぶせ芽が2本出たら小さい方を折る
収穫6月、葉が枯れ始めたら収穫その前でも葉が枯れたら収穫
雑草防止や霜除けには黒マルチを敷く(なくてもよし)

肥料について

ハーブなどの葉物植物はリン酸を使った肥料がいいとされている。

リン酸

追肥

元肥(飢えめのプランター土に混ぜる肥料)や追肥(収穫で栄養不足になった土に追加する肥料)には、下記のような「元肥」といわれる商品を買って、収穫の度にぱらぱら土にまくといい。

油粕を作る

トラブルと解決策一覧

ハエが大量発生した

原因は夏場に肥料の油カスを入れすぎたこと。少量にするか、夏を避けること

種の保存方法は?

一度しっかり乾燥させ、遮光、空気や湿気が触れないように袋に入れる。寒すぎず、暑すぎず、温度調節を適度に。冷蔵庫は厳禁。

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
専門は企画・出版・編集・印刷、Webデザインと管理。最近はブログ、動画、3DCG、AR、LINEスタンプ等のコンテンツ配信にも力をいれ、自分自身もランニングアートでコンテンツ化に努めています。