ザワークラウトで作る本格ピクルスの作り方

やって、パパめし

ピクルスといえば、お酢やワインビネガーに漬けたキュウリや玉ねぎのことかと思っていたら、本当は韓国のトンチミのように発酵させ自然の力で酸味を作るものだと知りとても驚いた。美味しいのか微妙なのか?気になるので作ってみた。

本格ピクルスの作り方

ということで、お酢を使わない本格ピクルスの作り方、レシピをまとめました。

材料(キュウリ3本分)

  • キュウリ(3本)
  • ローリエ(1,2枚)
  • ニンニク(1〜2粒)
  • 鷹の爪(1〜2本)
  • 黒胡椒(お好みで)
  • ディル(適量)
  • ホースラディッシュ(適量)
  • 天然酵母(ドライイースト)
  • 容器(小さな空気穴と蓋のあるもの)

天然酵母があると1週間だが、なくても1ヶ月ほどでできるので、一箱700円もする高額な酵母を必ず買う必要はない。

作り方

  1. 漬ける容器を熱湯消毒し乾燥
  2. 水道水を沸騰させカルキぬき
  3. 水の5.5%の塩を準備(1Lなら55g)
  4. 冷ました沸騰水に塩を溶かす
  5. 塩を加えた熱湯で茹でる(3分程)
  6. 容器に材料を入れる
  7. 沸騰水をいっぱいに入れる
  8. 天然酵母を1g程(小さじ1/10程)を入れ 、入れ過ぎに注意すること
  9. 容器の蓋を閉め強く振りかき混ぜる
  10. 浮いたキュウリは沈める (浮くと腐敗するので注意!)
  11. 空気穴に網を被せるなどコバエ対策を
  12. 早ければ10時間後には発酵し、泡がでたら成功の印
  13. 1週間ほどで汁が白く濁り、完成
  14. 1か月後程が食べ頃で、1年以上保存できるらしい

ピクルスで出来た汁は乳酸菌が豊富で、ペペロンチーノ・パスタの追加湯として使うと「プッタネスカ」と呼ばれる漬物パスタが出来上がる。あるいは、次に作るピクルスのスターターとして使える。

参考にしたブログや動画

このページで参考にしたブログや動画を紹介します。

天然酵母を使わない事例

天然酵母を使う事例

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
専門は企画・出版・編集・印刷、Webデザインと管理。最近はブログ、動画、3DCG、AR、LINEスタンプ等のコンテンツ配信にも力をいれ、自分自身もランニングアートでコンテンツ化に努めています。