豆苗、かいわれスプラウトを100均グッズで育てる方法(初心者向け)!牛乳パックはNG

ザルタッパを使った豆苗スプラウト
ザルタッパを使ったスプラウトはカビも日にちも問題なく緑色も鮮やかで健康的。

もやし栽培については、前の投稿でお知らせしましたが、今流行のスプラウト栽培がもやし栽培とほとんど同じ育て方であることに気づき、もやしのついでにスプラウトについても経験してみようと思い、挑戦してみた。初心者らしく、いきなり大きなプランターで育てず、種も少量、プランターは100均一のタッパザルにしてお金をかけずに始めると、もやし栽培のイメトレや練習にもなると思う(牛)。どんなハプニングが起こり、自分の環境に適しているか、といったテスト用に、種を大量に買わずホームセンターで2、3回分の豆を300円程度で購入し自宅や職場で気軽にトライしてみよう。

スポンサードリンク

初心者用スプラウトの育て方

用意するもの

  • 豆苗スプラウト(豆苗じゃなくてもOKお好みの種を)
  • タッパ角ザル受け皿セット(100均に有り)
  • キッチンペーパー(できれば、綿っぽい厚みのあるペーパー、なければティッシュ)
  • 霧吹き(なくてもOK)
  • 光を遮断するもの(いらない黒いTシャツなどが一番だが、アルミホイルでもOK)

育て方手順

育て方には、スプラウト段階とリボベジ段階があり、明るさ、水やり方法、それぞれ扱い方が異なるので注意。

室温

保管場所の温度は20度がいいと言われている。低い場合はカーテン側に、暑い場合は日を遠ざけ涼しい場所に置く。

牛乳パックプランターの注意

最初、牛乳パックをプランターに使って試したがカビが出やすいと感じた。牛乳パックとキッチンペーパーのコンビは清潔さを保ちにくいからだと思う。特に真夏は避けよう。

スプラウト段階

発芽メインで根が十分降りてない状態。この段階での育て方。

  1. 種を水につける(6時間程)
  2. 角ザルセットをプランター(鉢植え)とする
  3. ザル上に1の種を敷く(重ならない程度に均等に)
  4. 室内に置く(⚠️布やアルミホイルで光を遮断すること)
  5. 霧吹きで1日2回水やり(朝晩)
  6. ある程度根が張り茎が伸びたら、リボベジ段階へ(次のステップへ)
ザルタッパを使った豆苗スプラウト
手順③の、ザルタッパセットに種が重ならないように置いて、水が種の下に触れる程度に水を入れたところ。
ザルタッパを使った豆苗スプラウト
手順④あたり。予定通り芽が出てきた。

リボベジ段階

ある程度根が張り茎が伸びた状態。

  1. 覆ってた布やフタをはずし、日光の当たる部屋、カーテン脇などに移動(⚠️直射日光NG)
  2. 水は根の部分の高さで与え、毎日2回取り替え、キレイな水質を保つ(⚠️古くなると腐る)。
  3. 1週間ほどで収穫(⚠️水でよく洗うこと)
ザルタッパを使った豆苗スプラウト
手順①のカーテン脇に置いたところ。順調に育っている。
ザルタッパを使った豆苗スプラウト
カビなく、予定通りの日程で順調だ。
ザルタッパを使った豆苗スプラウト
手順③の十分芽が伸びたところ(ここまで伸びると柔らかさがなくなる)。ザルタッパを使ったスプラウトはカビも日にちも問題なく緑色も鮮やかで健康的。
種によって育て方は変わる

上にあげた育て方は、豆苗、カイワレ、などの一般的なスプラウトの場合だ。もやし等とは違うのでご注意を。

スポンサードリンク

注意点

カビ対策

夏や梅雨時は蒸れたりカビやすいので、以下の対策を重要視すること。ポイントは以下の通り。

  • 清潔なプランターを使う(牛乳パックNG)
  • 日当たりのいい所に置く
  • 最適な温度は15度~25度
  • 水替え頻度を増やす
  • 容器を浅くする(蒸れ防止)
  • 傷んでいる種は取り除く

容器、プランターの通気性

これもカビ対策と関連することだが、容器(プランター)はなんでもいいわけではない。通気性や清潔さはとても重要だ。ポイントは以下の通り。

  • 光が入りやすい透明な容器を選ぶ(リボベジ段階に有効。透明だと内部の清潔さを確認しやすい)
  • 高さがなく、通気性のいい容器を選ぶ(高さがあると空気がこもるし、収穫しにくい)

スポンサードリンク

牛乳パックを使った失敗例

最初は牛乳パックを使ったがカビができやすく、グリーンの鮮度も悪く茎の細い、見るからに病気の豆苗になったし、カイワレはカビだらけに。参考として写真を残しておきました。

牛乳パックでの豆苗スプラウト
最初は牛乳パックにキッチンペーパーを敷き、豆苗スプラウトに挑戦してみたが。
牛乳パックでの豆苗スプラウト
牛乳パックでのスプラウト。芽が出た頃までは順調だったが…。
牛乳パックでの豆苗スプラウト
葉が青くなったころからガビが出始めた。豆苗は種子表面に黒い汚れのようなカビ、カイワレは茎に綿状のカビが。
牛乳パックでの豆苗スプラウト
牛乳パックでのカイワレスプラウト。これも育ちが遅く、通常の2倍の2週間ほどかかった。
牛乳パックでの豆苗スプラウト
牛乳パックでの豆苗スプラウト。育ちも遅く2週間ほどでやっと収穫。
牛乳パックで栽培した豆苗スプラウト
牛乳パックで栽培した豆苗スプラウトを収穫。
豆苗スプラウトをフライパンで炒めた
豆苗スプラウトをフライパンで炒めて食べました。育てすぎて、硬い。
牛乳パックでの豆苗スプラウト
牛乳パックでのスプラウト(二度目の収穫)。茎が細く色も薄い。

スポンサードリンク

参考しにたサイト

スポンサードリンク

理想的な未来像

全ての人が、冷蔵庫のようなサイズの自分の畑を持ち、自動的に育て、永遠に収穫できることで飢えのない未来が来たらいいなと。

スポンサードリンク

栽培日記、教訓

ここからは、初心者がスプラウトをした際、どんな失敗をしてしまったか、自分の経験を交えてご紹介します。

1回目:衛生面で問題か?

観察結果

  • 豆苗に発芽しない豆が多い(全体の半分)
  • カイワレに白い綿状のカビ発生
  • 育ちが遅い
  • 豆苗がまっすぐ育たない

失敗原因の予想

  • 牛乳パックを十分洗っておらず、菌が残っていた
  • ペーパーナプキンは不衛生
  • 霧吹きの水質悪
  • 触った手の菌が付着
  • 室温が高すぎる(真夏だったので)

対策

  • 容器(プランター)をプラ製に変更
  • 霧吹きの水質改善
  • 種、葉を素手で触らない
  • 夏は避ける

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。