牛乳パックで大人の夏休みの工作、題材は「F35ステルス戦闘機」

牛乳パック工作
F35ステルス戦闘機を牛乳パックで工作。

この夏、牛乳パック工作にはまり、いくつかの乗り物を作ってみたので紹介します。牛乳パックを眺めていると、あの形この形と、ランニングアートのようにみなさんも色々と浮かんできますよね。今回浮かんできたのは、爆買いや墜落のニュースで話題のF35ステルス戦闘機。牛乳パックは四角形なのでやはり人工物を作るのに適したフォルムですね。まだまだ色々浮かんできそうだし、すでに設計が終わっていて作るだけの空想もあるので、完成できしだい公開したいと思います。

F35ステルス戦闘機
F35ステルス戦闘機
F35戦闘機墜落のニュース
F35戦闘機墜落のニュース

スポンサードリンク

牛乳パック工作の飛行機系ってないよね

牛乳パック工作で検索するとほとんど車やトラックが多くて、乗り物系が偏っている。そんななか、じーっと牛乳パックを眺めていて浮かび上がったのがこの乗り物!なにかとニュースで話題になっている独特なフォルムのステルス戦闘機、F35(一機147億円!)。日本ではこれをトランプ大統領のアメリカから100機購入したので、1兆47億円相当。F15に代わる日本の主力戦闘機になることは間違いないということで、爆買いを記念して「低温殺菌牛乳」「雪印メグミルク」「農協牛乳」の3パックで制作。この3パックとも暖色系カラーなのでPOPな色合いの戦闘機になったが、牛乳パックによくある青系で作れば軍用機らしい配色になると思う。

お尻がいい

牛乳パック工作
F35戦闘機を後部。ジェットノズルはサランラップの芯を使って、お尻も立体的に。

後部のジェットノズルはサランラップの芯を使ったが、牛乳パックだけで作ったほうが潔かったかな、と完成した姿を見て思った。ジェットノズルがなくてもお尻の形が立体的に仕上がっていて満足だし、サランラップの芯は重くなるし次からはやめよう。機体後部の折り目はほとんど牛乳パック本来の折り目が使われている。というか全体的にそうだ。牛乳パックは戦闘機工作のためにこの形になったようにも思えるほど、牛乳パックに適した工作だ。わくわくさんの乗用車のように、これは一つの型(カタ)になる予感。

工作難易度は以外に低い

この戦闘機工作は以外に難易度が低く難しい加工部分は先端くらいだ。牛乳パックを菱型に潰すとすでに戦闘機のボディーが浮かび上がるのがわかるほど。牛乳パック工作定番の題材になってもおかしくないほど、パックの形と素材を活かされている。時間があったら作り方の工程図を公開したいと思います。それかキット化してメルカリに売るのもいいね。

牛乳パック工作で作ったF35戦闘機
牛乳パック工作で作ったF35戦闘機風の飛行機
牛乳パック工作
F35戦闘機を後部。ジェットノズルはサランラップの芯を使って、お尻も立体的に。

開閉キャノピーを追加予定

F35コクピットのキャノピー
追加予定のコクピットのキャノピー開閉

次のバージョンアップでは、開閉するキャノピーを作ろうと思っている。設計はすでにできているので、牛乳パックをカットして接着するだけだ。ちゃんとパカパカ開閉する仕組みので、完成までドキドキだ。設計通り動けばいいのだが。
本体と色分けしてコクピットを浮き立たせないと、この低温殺菌ファイターはこのままでは無人戦闘機のようにのっぺらぼうに見えてしまう。本体が白いので是非違う色の牛乳パックをスーパーで物色しなくてはならない。ちょうどいい色がみつかればいいのだが。というかオレンジ色のこの本体自体が戦闘機らしくない。でも子供の工作にリアルな戦争や戦闘機っぽさをだすのも抵抗あるし、このくらいのポップなカラーでいいだろう。

スポンサードリンク

実際に飛行可能か?

牛乳パック工作
前方からのアングル

この牛乳パック戦闘機だが、かるく空に飛ばすと安定して直進する。もしかして、輪ゴムカタパルトを使い思いっきり空に飛ばしたら、実際に飛ぶ予感がする!。もちろん競技用の紙飛行機とは比べられるものではないだろうが…、作った身としては愛着が湧いて、落ちる気がしない!(笑)

飛行実験予定

とにかく、近日実際に輪ゴムカタパルトで飛ばしてみたいと思います。その様子は動画にしてYoutubeに公開予定。お楽しみに。

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。