ランニングアート目的のルート作成用ジョギングアプリの使い分け(2019年版)

ランニングアート
ロック!(RunGo)

通常ランニングで使われるアプリは主にラン履歴を保存し、今月、今週、何キロ走っているかの統計を振り返ることに重点が置かれている。ランニングをトレーニングとして使う場合、それでいいのでが、ランニングアート目的に使う場合、ルート機能に重点が置かれなくてはならない。それは下記のような機能だ。

ランニング目的に適したアプリの選択

必要なアプリスペック

  1. ターンバイターンナビ(進行方向に合わせ地図回転)
  2. ルート作成、再編集
  3. ルートのシェア

そうした視点に立ってランニングアートに適したアプリにはアプリはどんなものがあるか、並べてみると。

適したアプリ

  • RunGo
  • Runtastic
  • GoogleMaps

この中で唯一ランニング専用アプリでないGoogleMapsは、ランニング機能な全くないものの、多くの人のスマホにインストールされている定番アプリなので、他のアプリと比べて気楽にシェアできる。他のルート作成専用アプリのようなルート作成ツールはない点は使いにくいことだけがネックではある。

スポンサードリンク

ランニングアートのためのアプリ選びまとめ

以上を総合すると、2019年1月現在、RunGoRuntasticNike Running Club、この3アプリを使い分けることが、ランニングアート作成の効率良い作成方法となっている。全部1つでできればいいのだが、RunGoのようなターンバイターンナビは他のアプリにはないし、Runtasticのようなルート作成は他はできないし、Nikeはラン履歴やSNSシェアのセンスがいい
3つの使い分けのポイントをまとめると以下の通り。

アプリ3つの使い分け

  1. Runtasticルート作成専用とし、それををGPXデータに書き出し
  2. RunGoの新規作成画面からGPXインポートしてナビ専用
  3. ラン履歴Nike Running Club

スポンサードリンク

「Runtastic」によるルート作成

Runtastic

RunGoのようになターンバイターンナビは出来ないが、簡易ナビとしては十分使える。何と言っても、PCからルート作成がしやすく再編集も楽なほう。なので、Runtasticルート作成専用とし、それををGPXデータに書き出したデータをRunGoの新規作成画面からGPXインポートしてナビ専用とし、ラン履歴はNike Running Clubするのが、2019年現在の基本的な使い方としてます。

「RunGo」によるルート作成

RunGo

RunGoはランニング用のルートナビができるように作られたスマホアプリで、ランニングアートにぴったり。スマホからルート作成時に再編集ができないことや、PCからルートの新規作成時に日本語保存が出来なかったり、ルート作成時にポイント追加が難しいなど癖があり、不安定な点はあるものの、慣れると気ならない。

干支

スポンサードリンク

STRAVAによるルート作成

ルート作成に不具合

PCでログインし新規ルート作成でルートにポイントを置くのだが、なぜだか置きたい場所に点を置くことができない。Safari、FireFoxともに同じだったが、MacOSだからだろうか?まったく使い物にならないので、改善されるまで放置する結論となった。UIがとてもシンプル、機能的で理想的なのだが、もったいない。みんなはどうやってあんなStravartのような細かいルートを作っているのだろうか。

Nike Running Clubでの履歴や、大会コーチ

Nikeはあくまで履歴やSNSと割り切った使い方にしている。あるいはフルマラソンなどの大会用にコーチ機能でレースに備える本格トレーニング用として、ランニングアートとしてはSNS画像を作ることでしかない。ちょっと寂しいが、NRCだけでは不十分なので、この使い分けがベストになっている。せめてNikeアプリにルート作成機能があればいいのだが。(2017年くらいまではあったのだが、廃止されてしまった)

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

mojigumiの代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします