ボタンクリック、ズーム、ページめくり、など動画でよく使ういまどきの効果音

いまどきの動画効果音

動画を作っていると、何気ない効果音(サウンドエフェクト)がどれほど動画の好感度や完成度に影響するかを実感する。特に最近のかっこいいと思う動画には多くの今っぽい効果音が使用されており、それぞれの音がどんな名前なのか?どこで手に入れればいいのか?、初心者にはさっぱりわからない。ここで一気にリストにして解説、同時に入手できる方法をご紹介します。

代表的ないまどきの効果音(サンプル音有り)

効果音の名前どんな音か利用場面、ポイント
衝撃音(IMPACT)
バーン
ズーン
ドカッ
サンプル音
画面が大きく切り替わる時
タイトル出し時
ボタン音(BUTTON)ぽちっ
かっ
サンプル音
インフォグラフィックのシーンなど
利用感がでる
ページめくり音(PAPER)ぺらっ
サンプル音
画面が小さく切り替わる時
インフォグラフィック時
通過音(WHOOSH)さっ
びゅーん
サンプル音
ロゴや画面切り替えなど一番人気
早いのから遅いのまで多様
完成度が上がる
雑音(GLITCH)ぐちゅっ
サンプル音
画面切り替え
画面から消える時の音
クリックの無効音

上のリスト以外にも、Youtubeには「効果音」で検索すると「パンチ音」「悲しみ音」「ハッピー音」などカジュアル用途にぴったりな多くの効果音がアップロードされている。そちらのDLして使うと、ふざけた演出や芸能系の演出にぴったりだ。

効果音データ(mp3)のダウンロード

上にリストした最も代表的な効果音およそ300音をセットにしたデータ(Motion Bro Sound FX.zip)を下のボタンのリンクに置いています。一括ダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

Motion Bro Sound FX.zipを右クリックして「ダウンロード」を選択

参考にした動画

上の解説は韓国の人気ユーチューバー・JohnKOBA Designさんの動画解説を参考にしたものです。こちらにたくさんの使用例が紹介されていますのでご参考に。

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。