お名前レンタルサーバーSDのWebサイトを共有SSL(Let’s Encrypt)に移行、同時にWordPressもhttpsに変更

お名前レンサバSDを共有SSLに移行

GoogleはWebサイトにおけるHTTPSの有無を、検索順位の評価対象にすると発表した。当事務所で管理しているウェブサイトのSSL化をする前に、テストサイトでSSL化=https化を実施してみた。その過程は以下の通り。

2018年7月からGoogleがhttpsサイトを優先的に有料ウェブサイトと判定する、とするGoogleの公式案内がありました。気づいた時にはランクから劇落ちしていたー!ということにならないよう、情報に乗り遅れないようこのタイミングでしっかりやり方をおさらいします。余計なことを言わず、必要なことだけ箇条書きにしました。わからないことがありましたらコメントをどうぞ

スポンサードリンク

お名前レンタルサーバーSDに共有SSL化手順

全てを簡単にステップ説明すると下記のようになる。これだけみれば全て設定可能。

  1. レンタルサーバーSDコンパネ > Web設定 > SSL設定 に進み、設定したいドメインを選択し「決定」(SSLリストの「状態」が、設定中表示から、稼働中になれば有効化されるが、自分はアドレスバーに鍵マーク反映まで3時間かかった) = 参考にした公式案内
  2. WordPress > 設定 > WPアドレス、サイトアドレスの両方をhttpsに変更
  3. Google Search Console (旧ウェブマスターツール)でhttps付きで新規プロパティ作成(従来設定をs付きに修正できないから。認証コードは旧コードを流用できるので、簡単)
  4. Google Analytics 設定 > プロパティー設定、ビュー設定、共にhttpsに変更
  5. .htaccess に常時SSL化コード設置(後述)

.htaccessに常時SSL化コード設置

新しいドメインの場合

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

運営中のサイトの場合(example.comは任意ドメインに)

ドメイン評価を引き継ぎたい場合にはこれをつかい、301リダイレクトにする(参考)。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]

運営中のWordPressの場合

上記「運営中のサイトの場合」と同じコードをWebサイトルートの「.htaccess」に追記。

以上です。案外あっけないですね。でもここで安心できません。GoogleAnalytics、Googleウェブマスターツールに、URL変更を設定しなければいけないからです。次項に進みます。

GoogleAnalyticsに登録した管理サイトをSSL(https)に設定変更

一つのサイト(アカウント)につき、変更するのは2箇所が基本パターン。(ビューを多く設けていたり、プロパティーが多い場合はそのぶん修正が必要)

  1. アカウント > 管理画面 > プロパティ設定 > デフォルトのURLを「https」に変更
  2. アカウント > 管理画面 > ビューの設定 > ウェブサイトのURLを「https」に変更

Googleサーチコンソールに登録した管理サイトをSSL(https)に設定変更

これは、GoogleAnalyticsほど単純な修正では出来ない。簡単にいうと…

  1. 新しくhttpsのウェブサイトを登録しなおす(同じ認証コードでよい)
  2. http側をサーチコンソールから登録削除し
  3. httpsに改めてサイトマップ送信(同じサイトマップxmlデータでよい)
  4. GoogleAnalytics側でもGoogleサーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)との連結をしなし

その他

Googleアドセンスもあれば、同じようにURL変更を設定し直す。

参考

その他

アルファSSLを設置した例

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

mojigumiの代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします