さくらインターネット・レンタルサーバーでの無料SSL化

さくらインターネットレンタルサーバーを無料SSLに移行

前回は、お名前.comレンタルサーバーSDの共有SSL化する方法について解説しましたが、今回は、さくらインターネット・レンタルサーバーでの無料SSL化について、そのやり方を解説します。

よくわからない、時間がない、手っ取り早くして、という方は、下記画像の通り進めば大丈夫です。

1)サーバーコンパネにログインする

さくらインターネットレンタルサーバー契約時に届いたメール「お申し込み受付完了のお知らせ」というタイトルにサーバーコントロールパネルへのログインアカウントIDとパスワードが記されていますので、その情報をもとにコントロールパネルにログインしてください。

さくらインターネット:レンタルサーバーログインへ

2)以下、この画像の通り設定します。

さくらインターネット・レンタルサーバーでの無料SSL化

さくらインターネット・レンタルサーバーでの無料SSL化

さくらインターネット・レンタルサーバーでの無料SSL化

サーバー設定の共有SSLの利用は「しない」のままで

お名前.comレンタルサーバー SDと違って、さくらインターネットのレンタルサーバーでは無料SSLである「Let’s Encrypt」を「共有SSL」と呼ばず「無料SSL」と呼んでいる。よって、さくらインターネットサーバーコンパネの、ドメイン設定にある「共有SSLを利用する」チェックマークはONにせず、デフォルトの「利用しない」のままにする。

さくらインターネット・レンタルサーバーでの無料SSL化

.htaccessに常時SSL化コード設置

現行サイト(http)をSSL(https)化する場合、httpに訪れた人をhttpsにリダイレクトするコードをhtaccesファイルに書き込むことや、Googleサーチコンソール、アナリティクスなどでhttpの記述をs付きに変更する。その方法については下記の通り。

新しいドメインの場合

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

運営中のサイトの場合(example.comは任意ドメインに)

ドメイン評価を引き継ぎたい場合にはこれをつかい、301リダイレクトにする(参考)。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]

運営中のWordPressの場合

上記「運営中のサイトの場合」と同じコードをWebサイトルートの「.htaccess」に追記。

以上です。案外あっけないですね。でもここで安心できません。GoogleAnalytics、Googleウェブマスターツールに、URL変更を設定しなければいけないからです。次項に進みます。

GoogleAnalyticsに登録した管理サイトをSSL(https)に設定変更

一つのサイト(アカウント)につき、変更するのは2箇所が基本パターン。(ビューを多く設けていたり、プロパティーが多い場合はそのぶん修正が必要)

  1. アカウント > 管理画面 > プロパティ設定 > デフォルトのURLを「https」に変更
  2. アカウント > 管理画面 > ビューの設定 > ウェブサイトのURLを「https」に変更

Googleサーチコンソールに登録した管理サイトをSSL(https)に設定変更

これは、GoogleAnalyticsほど単純な修正では出来ない。簡単にいうと…

  1. 新しくhttpsのウェブサイトを登録しなおす(同じ認証コードでよい)
  2. http側をサーチコンソールから登録削除し
  3. httpsに改めてサイトマップ送信(同じサイトマップxmlデータでよい)
  4. GoogleAnalytics側でもGoogleサーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)との連結をしなし

その他

Googleアドセンスもあれば、同じようにURL変更を設定し直す。

参考

その他

アルファSSLを設置した例

スポンサードリンク

お名前.comレンタルサーバーSDを無料の共有SSL化する方法

この記事を書いた人

mojigumi

mojigumiの代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしています。