iPhone動画がMOVが開かない編集できない?それはHEVCだから、Macで開く方法どん

 

iPhone動画HEVCをMacで開く

iPhone7以降あたりから、iPhoneの動画保存形式が変わったのか、Mac側に動画データを移動すると、Premiere などで動画編集できない。細かいうんちくを省略し結論からいうとHandBrake最新版(英語版)をダウンロードし、iPhoneの動画データMOV(HEVC)をMP4変換すればいい。
MacOSの2017年度最新バージョンの High Sierra を導入していれば、標準でHEVC(MOV)、HEIC(JEPG)を開くことができる。が、導入してない環境ではHandBrakeでの変換方法しかない。Adobe Premiereがこの最新動画タイプに対応するまで、一時的にHandBrakeを使おう。

HandBrakeでの変換方法

HandBrakeの使い方

HandBrakeを起動し、動画ファイルを読み込んだあと下記ステップを

  1. ①プリセットを選択
  2. ②フォーマットをMP4に
  3. ③保存ファイル名入力
  4. ④保存場所を選択
  5. ⑤変換スタートボタン

注意点

  • 適切なプリセットを選ぶこと(でないと画質が落ちたり、逆に、無駄に高画質になる)
  • 自分の場合1080p60データだったので、プリセットは「device > 1080p60 surrund」を選んだ。(これ以外に60フレームらしいプリセットが見当たらなかったからだが、作ってしまえばいいかは不明)
  • iPhoneのカメラ設定を「高効率」から「互換性優先」にして、iPhoneそのものがHEVCを作り出さないようにするのも方法ですが、動画を多く撮る自分にとってはそのデータ容量が心配で高効率(HEVC)のデータ圧縮の恩恵を受ける方を優先したいし、iPhone側の編集アプリも使うので、iPhoneカメラ設定はそのままとしています。

これで解決!HEVCをMP4に変換しMacで編集できるようになった。

iPhoneのMOV(HEVC)動画がMP4に変更されMacでAdobe Premiereなどで編集できるようになりました。面倒は方法だけど、Adobe PremiereのエンコーダーがHEVCに対応されるまでの辛抱。

変換アプリ〜HandBrakeのダウンロード(フリーウェア)

HandBrake最新版(※日本語版ではHEVCに未対応なので注意)

HandBrake ページへ

参考iOS 11で動画の保存フォーマットがHEVCに変わって困った件(と対処法)

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

mojigumiの代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします