お名前.comレンタルサーバーSDでWordPress表示に5秒も!遅すぎて多くを移転

お名前レンタルサーバーSDが遅い

スポンサードリンク

つまり、お名前レンタルサーバーSDが遅い件

お名前.comレンタルサーバーSDでWordPress運営が10サイト以上になったあたりで、ウェブサイト表示遅延が酷くなり、特に管理画面での操作が我慢できないほど遅くなる現象がみられた。仕様に耐えられないので、とうとう別のサーバーにデータを移転することにしたので、その際の備忘録。

考えられる原因

体感するWeb表示時間は、およそ5秒💀!!

この遅さに気づいたのは、他のウェブサイトで「表示が1秒もかかって遅い」と訴えるブログを見つけたからだ。それまで5秒かかってしまうのは自分のマシンスペックの低さや無線LANの調子悪さだと思っていたが、このブログの言葉で目が覚めた。5秒体感は完全に遅い。

お名前.comレンタルサーバーSDは格安である事と、ドメイン連携が簡単なこと、WordPressインストール制限に余裕がある等で人気があるが、以下の点で不安がある。

  • WordPress追加(または、データベース追加)が10個を超えたあたりでWeb表示が著しく遅くなる
  • 管理画面では特にページ表示、プレビューなどすべての操作が遅く、我慢できないほど
考えられる理由は(想像だが)WordPress追加(データベース追加)に制限がない、十分ある、と宣伝しているが、10個を超えたあたりで表示データ送信数、あるいは速度を制限している、のではないか。

スポンサードリンク

レンタルサーバーSDが遅すぎるので、サーバー移転

あまりの遅さに耐えられず、ドメインはお名前.comそのままに(ドメイントランスファーなしに)、さくらレンタルサーバー(スタンダード)にサーバーを移転した。その結果、数クリックで速度向上は明らかなくらい改善。

WEBサーバー

さくらレンタルサーバーも格安なプランなので10個ほどWordPressを追加したあたりで速度制限があると警戒し、追加しすぎないように心がける。
さくら側ではまだWordPressが9個なので、これくらいにしておくべきか。もし10個以上になったら再検証しようと思いますが、さくらに移転した分、お名前.comレンタルサーバーSD側での管理ドメインは少なくなり、その比率は下記の通り。

さくらレンタルサーバー移転後の表示時間(体感)

  • さくらレンタルサーバー(スタンダード):8個(⏰体感0.7秒)
  • お名前.comレンタルサーバーSD:6個(⏰体感4秒のほぼそのまま💀)
気になる移転後のスピードだが、さくら側がお名前よりWP数が多いが、遅さは感じない。つまり、お名前.comレンタルサーバーSDは明らかに遅い

移転に使ったWordPressプラグイン

  • all-in-one-wp-migration(バックアップ)
  • all-in-one-wp-migration-file-extension(インポート)

上記2つはセットだが、バックアップ(エクスポート)だけなら1つ目のプラグインだけで行える。但し、エクスポート、インポート共500MBまでの制限があり、それ以上のデータ容量を扱うなら課金が必要。

スポンサードリンク

移転後の感想まとめ

さくらレンタルサーバー

さくら側ではまだWordPressが9個なので、これくらいにしておくべきか。もし10個以上になったら再検証しようと思います。

この問題でやりきれない点は、お名前.comレンタルサーバーSDはデータベースインストール無制限、あるいは十分あるとPRしながら、実際はデータベース追加の過程でどんどん遅くなり自社インフラを守る意地悪な仕様らしく、客がドメイントランスファーしない限り、そのペナルティーもない点で改善されるプレッシャーがないこと。簡単にいうと殿様商売。だが、ドメイン取得おオプションが細かいことからサービスは今後も使い続けるのだが、

  • ドメインはお名前
  • サーバーは他社

という付き合いかたが理想と感じた。これは前のブログでも同じ結果だったな。

スポンサードリンク