ユーチューバー、Instagram、twitter、インフルエンサーにかかる費用の概算まとめ(2018)

インフルエンサー、ユーチューバーへの依頼費

ホームページを使った営業、いわゆるWebマーケティングをする中で、ユーチューバーなどSNSのインフルエンサーに、広報依頼をする案件がでてきた。インフルエンサーはおよそ10万人規模のフォロワーをもつSNSアカウントを持ち、その影響力を使って各種PRをしてもらうのだが、フォロワーが10万人前後が必要であることや、いくらお金がかかるものなのかなど、まったく分からない未開の地だったので、いろんな所から資料をあつめ、簡単にまとめてみました。

インフルエンサー本人やプロダクション事務所にお見積もり依頼する前にざっと概算を知りたい方向けです。

SNS別インフルエンサーへの依頼費用

あくまで概算だがインフルエンサーへの依頼費用を調べてみた結果は以下の通り。

SNS 概算費用 実例
Youtube 登録数5万人:約10万円 5万人:10万円の見積もり前例あり
登録数10万人ごとに約20万円 これが基本形
登録数20万人:約40万円 85万円(税別)前例あり
登録数100万人:約200万円 上記セオリー通り算出
Instagram フォロワー数×3円前後 フォロワー10万人:10万円
twitter フォロワー数×3円前後 ⚠️調査中 フォロワー10万人:10万円 ⚠️調査中
概算として、どのSNSでも、10万人あたり10万円を目安としている様子

スポンサードリンク

インフルエンサー用語解説

更新中につき、新しい用語を見つけ次第追加します。

  • インフルエンサー:フォロワーや登録者数が10万人以上の大規模アカウント
  • マイクロインフルエンサー:フォロワーが5万人規模の中規模アカウント

参考とした言葉やサイト

調べたサイトでは主に引用元として、アメリカのソーシャルメディアエージェンシー「Attention」の資料を元にしている。(※注釈は当サイトが追加したもの)

●Instagramの場合
Attentionでは、Instagramのインフルエンサーに対してフォロワー10万人あたり1000ドル(※約10万円)という基準を設けてギャランティを支払っています。単純計算でいけば、フォロワーが100万人のインフルエンサーに対し、あるキャンペーンを行う際の基準値は1万ドルになるという計算です。この基準値に、エンゲージメント率やキャンペーン期間などクライアントの予算との調整を行い、最終的な広告費を決めています。

また、フォロワー数が5万人未満のマイクロインフルエンサーによるInstagramでの投稿であれば、250ドル(約2.5万円)からスタートしています。

●YouTubeの場合
YouTubeの場合はどうでしょうか。こちらは、フォロワー10万人あたり2000ドル(※約20万円)という基準値が設けられています。Instagramは写真が中心ですが、YouTubeの場合は動画ですので制作の時間を要します。また、YouTubeの方が写真投稿タイプのSNSよりもオーディエンスの掘り下げができるツールが充実しているので、ギャランティは高く設定されています。

チャンネル登録者数5万人以上のYouTuberの場合、動画1本の制作・投稿につきフォロワー数10万人ごとに2000ドルを支払うような計算となります。これはあくまでYouTubeにおけるインフルエンサーマーケティングの一般的な価格の指標であって、チャンネル登録者が数百万人もいる超人気YouTuberになると、2~3作品の制作・投稿で1万7600ドル(※176万円)のギャランティが発生し、動画内にCMリンクを1件追加するごとに2万2000ドル(※220万円)のオプションを請求したという事例もあります。

また、YouTubeに関しては同じくアメリカの芸能エージェンシーである「Select Management」によると、YouTubeのコマーシャル契約料の価格設定については、動画の長さや制作時のカスタマイズなどで1動画当たり20~50万ドルの価格の幅があると公開しています。また、インフルエンサーとなるYouTuberへのチャンネル登録者数やユーザーの視聴時間だけでなく、そのYouTuberがどれくらいその業界に注力しているかなどもギャランティの決定要素になるとしています。登録者が200万人を超えるYouTuberの中には、動画1本で10万ドル以上を稼いでいる事例もあります。

インフルエンサーマーケティングの費用感と期待効果」より引用

ソーシャルメディアエージェンシーのアテンション(Attention)で、コンテンツおよびパートナーシップのアソシエイトディレクターを務めるチェルシー・ナフテルバーグ氏のチームは、インスタグラムのインフルエンサーに対し、フォロワー10万人あたり1000ドル(約10万円)という基準に基づいて、支払い額を試算している。それからエンゲージメント率、キャンペーン期間、クライアント予算といった、ほかの要因から価格を調整して取引交渉を行う。
(中略)
ランガー氏によると、ブランド各社はフォロワー数5万人未満のソーシャルスターのインスタグラム投稿なら250ドル(約2万5000円)からはじめ、1投稿あたりのフォロワー数が10万人増えるごとに、約1000ドルを追加することになるのではないか、という。知名度の高いセレブなら、価格は跳ね上がる。たとえばキム・カーダシアンは、インスタグラムの写真1枚で25万ドル(約2500万円)以上請求したと報じられている。

インフルエンサーマーケティング、実質コストはいかほど?:マーケター向けガイドライン」より引用

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

mojigumiの代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします