フォントをアウトライン化しても書体情報が残る問題を解決する方法(Adobe Illustrator)

フォントは情報パレットで確認できる
フォントは情報パレットで確認できるが、これでも漏れることも

Adobe Illustratorでの保存時、いつもなら問題ないはずの全選択アウトライン化でもたまに起こる、アウトライン前の書体情報が残ってしまう問題。
セオリー通りケアしても駄目な場合、以下の場所にフォントが残ってないかを疑うこと

疑わしい埋め込み系

  1. パターンパレット
  2. ブラシパレット
  3. その他スウォッチや埋め込み系

これで解決できた。アウトライン化に成功

自分はこれで解決できました。埋め込みデータにフォント情報があったというオチ。ライブラリなどのアセットづくりは普段から気をつけないとね。

参考フォントのアウトライン化について – 印刷通販株式会社

それでも駄目なら、新しいアートボードを作り、要印刷オブジェだけをペーストし保存。
正確な確認には、フォントのないイラレPC環境が必要かな。旧PCを代用するとか。

この記事を書いた人

mojigumi

mojigumiの代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします