「ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ、オリンパス」コピーの盗作元

superheadz.com
superheadz.com

女子カメラブームのきっかけとなったトイカメラブームの火付け役的トイカメ店で「スーパーヘッズ」というお店がある。ロモグラフィーが日本に本格進出する前、すでにLOMOやHOLGAを取り扱っていて、僕もここで通販していた第一世代HOLGA120を購入して、ポラロイドSX-70とともに大いに遊びそのスタイルに影響を受けた。なかでも「スーパーヘッズ」のトップページにあるキャッチコピーが心に響き気に入っていた。

 

カルトカメラ、そして目に見えるものぜんぶ→スーパーヘッズ

だが、そのパクリコピーがTVに

ブームから時が経った頃、テレビCMでオリンパスが、宮﨑あおいが口ずさむスーパーヘッズ瓜二つのキャッチフレーズでばんばん放送しはじめ、その内容に驚き、我が耳を疑った。

 

ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ、オリンパス

テンポ、語感、共にそっくりでズバリスーパーヘッズのにそっくり。パクったな。オリンパスPENの銀塩ライクでアートなイメージは一気に墜落し、自分はパナソニック GF1購入をに決定。イメージは大事ですね。

そのパクリコピーライターは誰だったのか

コメントに「パクったのはメーカーじゃなく、コピーライターとかクリエイティブディレクターだ」というご指摘を受けたので、コピー作者についても触れたいと思います。オリンパスのキャッチコピー「ココロとからだ…」の作者は元大手広告代理店・電通のクリエイティブディレクター・コピーライターの山本高史という、その世界では糸井重里に次ぐスーパースターらしい。そんな人がねー…。山本さんの他の作品には三井住友海上の「未来は、希望と不安で、できている」、JRの「Suica」というのがある。

その山本高史と宴会した人物のブログがじわる

多くはないが仕事柄、大手広告代理店の仕事を受けた経験からすると、ラストの「まちごうたな」が頷ける切ない内容。山本高史さんとその周辺のお人柄がわかります。

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。