兎のフィギュア制作(4)

R0027868

針金で芯を通して腕を盛りつけました。
基本的な粘土造形が終わって、これからはペーパーヤスリでカタチを整えながらつるつるにする長ーい作業に入ります。
兎の場合、そんなにつるつるさせる必要はないと見て、180番前後のペーパーを購入し、荒い目から大雑把に削った後で細かいペーパーへ。

R0027877

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。