初めての刺繍するための基本ステップを動画にまとめた

急に刺繍がしたくなることってありませんか?やっぱり、ありますよね?!そんなみなさんのために、初めての刺繍講座になる、刺繍動画を集めました。これだけ見ればあとはご自分のアレンジでいろんな刺繍ができると思います。

スポンサードリンク

針の準備

針に糸を通す

玉結び、玉止め

スポンサードリンク

刺繍の型

まず、刺繍には様々な「型」がある。絵で例えると、線は鉛筆、面は平筆、といった感じ。それらを組み合わせることで様々な描画ができるわけだが、できるだけ多くの型をマスターしておいたほうがいい絵が描けるのがお分かりになるだろう。

フレンチノットステッチ(点型)

ストレートステッチ(短い線型)

バックステッチ(輪郭線型)

刺繍でイラストなどの線を表す上で一番基本となる刺繍方法。

アウトラインステッチ(輪郭線型)

直線型

曲線型

コーチングステッチ(曲線型)

花やリボンやレース柄などの乙女モチーフにぴったりな技法。

チェーンステッチ(鎖型、三つ編み型)

レゼーデージーステッチ(楕円型)

リーフステッチ(骨型)

フェザーステッチ(枝型)

ヘリンボーンステッチ(ノコギリ型)

ブルドンステッチ(カメ甲羅型)

リングステッチ(フワフワ輪型)

バリオンステッチ(太線型)

サテンステッチ(面型)

レイズドフィッシュボーンステッチ(斜面型)

ロングアンドショートステッチ(グラデーション型)

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

「もじぐみ」の代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしていますが、最近は記事そのものや、ブログ、動画などのコンテンツ配信にも力をいれています。インターネットの時代はコンテンツプロバイダになるのがとても重要。自分自身もランニングアートなど、自分自身がコンテンツになるように心がけています。