リピート、反転、回転…。まるで命。まるでオンガク。

「Ballet Mecanique(バレー・メカニック)」は20代の頃購入した坂本龍一のベストアルバムの中に入っていた曲の一つ。「戦場のメリークリスマス」目的で買った一枚だったが、この「Ballet Mecanique」が大好きだった。メロディーと作詞(矢野顕子 作)を聞いただけだと「時計」の切ない歌と受け止めていたが、その和訳を最近のネットで見つけると、オルゴールの歌だという事に気付いた。それも「僕」がオルゴールなのか「君」がオルゴールなのか、最後まで曖昧で解釈の想像を広げられる詩だ。
ダンスする小さな歯車たち…。
主人公の正体が誰であれ、時間や機械にも終わりがある、つまり脈打つ命があって、君のために繰り返す機械仕掛けの鼓動に気づいてほしいと訴える。

スポンサードリンク

Ballet Mecanique

見たことのないものを見せてよ
太陽を浴びてキラキラと光る川
地平線でそっと口づけする海と空のような
窓の向こうはいつも
灰色の空ばかり
君が鏡に映ったとき
見つけほしいんだ
僕の瞳を
誰か教えてよ
君がたやすく嘘をついてるように見えてしまうことを
なぜ笑顔は寂しい瞳を隠せないのかを
窓の向こうはいつも
灰色の空ばかり
君が鏡に映ったとき
見つけほしいんだ
僕の瞳を
わからないんだ
僕がいつも君を楽しませているのかを
それよりも、君は僕が必要とするすべてで
君で僕の命は完成するんだ
(僕にははじめと終わりがあるんだ
こうして長い間空をみてる
いつまでも続く音楽
踊っている僕を君は見ている)

バレーメカニック「僕」はゼンマイで、「君」はオルゴールのバレリーナだったらロマンチックだね。暗い天井の下で、来る日も来る日も同じ回転を繰り返す孤独な歯車が一瞬みた鏡越しのバレリーナ。
もしカラオケで歌うんならこんな曲を歌いたいんだけどJoySoundにはなくDAMには中谷美紀「クロニック・ラブ」さえなかった。
最近では、キムタク主演の2013年秋ドラマ「安堂ロイド」で劇中の主人公がハンドルネームとして「Ballet Mecanique」の名前が使われていたとのこと。

 

スポンサードリンク