ウンチクなしに、カメラ撮影モード選択のコツだけをまとめた図表。

スポンサードリンク

モード選択の優先順位

  1. A(絞り優先オート)=普段はこれ
  2. S(シャッタースピード優先)=スピード感出したい時
  3. P(プログラムオート)=何も考えてない時

カメラ撮影モードの違い、選択のコツ

名称 説明 ポイント 利用シーン
P プログラムオート F+SS自動

  1. まずはF+SSが自動調整される(Fは固定され、Pシフトしないと変更不可)。基本ダイヤルは無効。
  2. ダイヤル押し(SSで明るさ調整)
  3. S半押し(「Pシフトモード」に変わり、明るさ維持したままSS+Fを同時スライド)
  4. 撮影
ほぼオート
明るくしたい場合は、ダイヤル押してSS調整。
  • カメラ初心者
  • カメラ買替え時
  • 旅行などスナップ
A 絞り優先オート F固定、SS自動

  1. ダイヤルでF値きめる
  2. SS自動で撮影
  3. ダイヤル押し(SSで明るさ調整)
ボケ表現や、ピントを広範囲に合わせたい(パンフォーカス)シーンに。
シャープに撮るには、2,3段F絞りを狙う(三脚で室撮り、静物撮りなどに)
  • ボケをコントロールしたい人
  • 画質をコントロールしたい人

※一番人気のモード

S シャッタースピード優先オート SS固定、F自動

  1. ダイヤルでSSきめる
  2.  F自動で撮影
  3. ダイヤル押し(Fで明るさ調整)
SSを選択し、被写体ブレのない写真を狙う。
逆にわざと被写体ブレにする表現をする場合にも。
  • スポーツ等で動きものを撮る
  • 人の動きや、雪や雨などの表現
  • 子供を撮る
  • 動きを出したい
  • 動き止めたい
M マニュアル
  • オールドレンズ
  • 物撮り

スポンサードリンク