Photosの起動画面

Photosの起動画面。iPhotoのライブラリが引き継がれないと、このような無愛想な画面で真っ白だ。

MacOS 10.9(Snow Leopard)からMacOS10.10(Yosemite)にアップデートしたら、iPhotoが使えなくなり、代わりに「写真」(Photos.app)という名のアプリに強制的に切り替わったのはいいが、従来の写真ライブラリが引き継がれないトラブルに巻き込まれた。その対策方法。

対策方法は以下のとおり

  1. Optionを押しながら「写真」を起動
  2. 表示されたリストから「iPhotoライブラリ」を選ぶ
  3. 移行がはじまる(僕の場合2時間ほどかかった)

iPhone搭載の「写真」アルバムアプリにUI統一化

両アプリの違いを一言で要約すると、スマホの写真アルバムアプリに近づいたという印象。撮影日(インポート日)を軸としたタイムライン表示になった。イベント名の入力の必要がなくなったが、何の写真であるかは、意識的にイベント名を入力する必要があり、そうしなければ、何の写真だかわからなくなるだろう。イベントは、アルバムの一つになり、統一された点でわかりやすくなったが、馴れ親しんだユーザーは混乱するはずなので、ビデオ解説など詳しい変更点を日本語で案内すべきだとAppleに対して思う。
ほかにもフラグがアルバム的な扱いになり、新バージョンでは「お気に入り」が新設されることでフラグと混在するなど、変更による混乱が起こっている。

非表示写真が廃止され表示されてしまう点に注意!

iPhotoで使えていた写真やアルバムの「非表示」だが、「写真」アプリ移行では、タイムライン上で表示されていないだけで、「すべての写真」「最後の読み込み」などで非表示になっていない点に注意。非表示にしていた写真が上記条件で容易に表示される。下にバージョンアップによる重要な変更点をまとめてみた。

旧バージョンと新バージョンとの比較

iPhoto 写真
イベントの場所 トップ画面 アルバム化された
お気に入り フラグマーク ハートマークに変更(※旧フラグはアルバム的な扱いへ移動)
レート 星マーク 継続 写真 ver.1.0から廃止されたが、「星1つ」などでタグ化されているのでレート検索可
秘密の写真 写真の非表示 廃止!  ver.1.0からで有効になったが、タイムライン上に限る。
「すべての写真」「最後の読み込み」では非表示設定でも表示される。
表示 >「非表示アルバムを表示」選択で、アルバムとして表示されるオプションも。これで非表示を一度に閲覧可。