フォントのアウトラインは情報パレットで確認

フォントは情報パレットで確認できるが、これでも漏れることも

いつもなら問題ないはずのアウトライン化でもたまに起こる、Adobe Illustratorでの保存時にアウトライン前の書体情報が残ってしまう問題。
セオリー通りケアしても駄目な場合、以下の場所にフォントが残ってないかを疑うこと

  1. パターンパレット
  2. ブラシパレット
  3. その他スウォッチや埋め込み系

フォントのアウトライン化について – 印刷通販株式会社
それでも駄目なら、新しいアートボードを作り、要印刷オブジェだけをペーストし保存。
この問題を確認するために、フォントのないイラレPC環境が必要。旧PCを代用。