動画編集のニーズも増えてきて、基本操作くらいは嗜んでいた動画編集アプリのやや深い専門的な操作も覚える必要がでてきたので備忘録としてメモを残した。

スポンサードリンク

Adobe Premiere

アニメや時間軸指定

  1. 変化するタイムライン上のキーフレームボタンをクリック
  2. 変化のない元のタイムライ上の2つめのキーフレームボタンをクリック
  3. キーフレームマークをクリックし、音なら上下、位置ならエフェクトパネルで座標値変更

BGMに合わせて動画位置調整

  1. 波形を参考にマーク配置
  2. タイムラインのリップルツールで、切れ目調整。【Cntrol+移動】でもOK

BGM音量をセリフとバランス調節したい

  1. クリップ選択
  2. メニュー > ウィンドウ > エッセンシャルサウンド
  3. ダイアログ(会話)ボタン、Musicボタン、各クリック
  4. プリセット選択と、各オプションでデシベル調整

タイムラインに動画が増えて管理しにくい

ネスト化すればいい(Aiでいう「配置」になる)

タイムライン名(シーケンス名)を変更したい

左下のプロジェクトパネルからタイムラインを長押しし変更できる。

手ぶれ補正、手振れ防止エフェクトをかけたい

  1. エフェクトパネル > ビデオエフェクト > ディストーション > ワープスタビライザー、を選択
  2. 「滑らかなモーション」「サブスペースワープ」「スタビライズ・切り抜き・自動スケール」を選択
  3. 「サブスペースワープ」が不自然な結果の場合、「位置」を選択すれば改善される場合があるが、スケール変更され黒枠がでてないか注意すること。

クリップ全体に同じカラーエフェクトを一度にかけたい

  1. 左下「プロジェクトパネル」の右下アイコン「新規項目」から「調整レイヤー」を選ぶ
  2. それにカラーエフェクト補正
  3. その調整レイヤーでクリップ全体を覆う

Adobe AfterEffects

3Dトラッキング

  1. 新規トランジョン
  2. プロジェクトパネル
  3. 動画を読み込みタイムラインに配置
  4. 動画エリア選択
  5. メニューのアニメーションから3Dトランジョン
  6. +マーク選択し右クリック
  7. ヌルを作成
  8. pボタンでヌルの座標地を表示
  9. テキスト作成し入力
  10. テキストの座標値をpキーで表示しヌルと同じ座標地をペースト
  11. テキストのトランスフォームを任意に

カラーグレーディングとシネマルックについて

カメラ設定

  • 撮影方式:LOG(あるいはFLAT)・設定はNtural
  • フレームレート:24fps
  • シャッタースピード:1/50

グレーディングは主に下記LOOKが使われている

  1. ホラー=ブルー
  2. ラブストーリー=イエロー
  3. SF=グリーン
  4. コメディー=オレンジ
  5. バイオレンス=レッド
  6. ファンタジー=パープル

迷ったら、オレンジカラー=ブロックバスタールック(Blockbuster Look)。これは一番使われているLOOK。

ブロックバスタールックの作り方

  1. 白と黒コントラストあげ
  2. ミッドトーンをオレンジ側に
  3. シャドウをブルー側に
  4. 彩度、露出を調節
  5. ノイズ入れる

参考動画

スポンサードリンク