Adobe Premiere と AfterEffects 初心者のメモ

動画編集のニーズも増えてきて、基本操作くらいは嗜んでいた動画編集アプリのやや深い専門的な操作も覚える必要がでてきたので備忘録としてメモを残した。

スポンサードリンク

Adobe Premiere

初級編

作業ステップ

  1. 新規プロジェクト作成
  2. プロジェクトへのムービー読み込み(読み込みコマンド、Finderからドラックドロップ、いずれも可)
  3. 読み込み素材をフォルダ整理
  4. シーケンス(キャンバスサイズやピットレート)を決めるため、適したクリップを選んで右クリック「クリップに最適な新規シーケンス」選択
  5. 使いたいクリップをダブルクリックし、in点(i)とout点(o)を入力し、シーケンスにドロップする方法で、シーケンスを埋めていく
  6. ムービークリップ間をディゾルブ(クロスディゾルブ=d
  7. 完成したら、「書き出し > キュー > Youtubeプリセット(1080HD)」等を選び、バックグラウンドでエンコード。

Youtube作業要領

特にシリーズものでは下記手順で作業すると、予告編も作れるし、バックアップの代わりにもなり、効率がいい。すぐUPしたい、という気持ちを抑えよう。

  1. ムービー全体を時間軸通りに連結 = 全編
  2. 余分なシーンをカット = 雑編
  3. 音入れ = 音編
  4. 字幕スーパー入れ = 字幕編
  5. イラスト、地図入れ = 図編
  6. トランジョン = トラ編
  7. ルック漬け = カラグレ編

用語解説

シーケンス:キャンバスのようなもので、サイズやピットレートなどの情報データ
クリップ:プロジェクトに読み込まれたムービーや静止画像、音声などの素材
デュレーション:適用時間の長さ
ピクチャインピクチャ:1画面内にもう1画面あること

旅行動画のコツ10

  • スマホを重用(GoProはスマホのフットワークには負ける)
  • ドローン
  • スタビライザー(ジンバル)、自撮り棒、など活用
  • カメラアングル
  • パンは視聴者を引き込む
  • スローモーション
  • BGM
  • 色調補正
  • 字幕を効果的に
  • エフェクト(但し、使いすぎない)
  • トランジション

便利な機能紹介

ショートカット

⭐️マークはおすすめ

コマンド ショートカットキー 備考
イン i
アウト o
リップル +ドラッグ =逆トリム
ズームイン +
or
z+クリック
ズームアウト
or
z+opt+クリック
カミソリ c
リップル削除 ⭐️ opt+del
or
in+outマーク後opt+del
詰めて削除
前をリップル削除 ⭐️ q これは便利!
後ろをリップル削除 ⭐️ w これは便利!
動画間に動画挿入 ⭐️ +ドラッグ配置 ソースからクリップをドラッグ配置時に使用
全体表示 ⭐️
選択ツール v
マーカー追加 m  二度押しでマーカー・オプション編集画面
編集点追加? e
手のひらツール h
スリップツール ⭐️ Y 現在の尺のまま開始位置ずらしたい時
ペンツール ⭐️ p シーケンス上の音声ボリュームも編集できる
クロスディゾルブ ⭐️ +d  ほわっとした画面切り替え
ディレーション(速度) ⭐️ +r 何秒内に、といった設定もできる

基本操作

テキストの縦書き

Tツールの長押しで切り替え(すでに配置されたものはNG?)

ラストシーンなどで、ムービークリップの途中から静止画にしたい(動きを止めたい)

静止画にしたい地点で右クリックし、「フレーム保持を追加」を選択。

顔やナンバープレート等に「ぼかし」を入れる

「エフェクト > ブラー(ガウス)」を適用し、オプションの「マスクパス」の「▶︎マーク(選択したマスクを順方向にトラック)」をクリックすることで、自動トラッキングされる。対象がなくなった地点で「停止」ボタン。同じく「◀︎マーク」クリックで、逆方向にも必要なら適用させる。

自動トラッキングが正確でない場合は、そのシーンのマスクパスを移動で微調整。

アニメや時間軸指定

  1. 変化するタイムライン上のキーフレームボタンをクリック
  2. 変化のない元のタイムライ上の2つめのキーフレームボタンをクリック
  3. キーフレームマークをクリックし、音なら上下、位置ならエフェクトパネルで座標値変更

BGMに合わせて動画位置調整

  1. 波形を参考にマーク配置
  2. タイムラインのリップルツールで、切れ目調整。【Cntrol+移動】でもOK

BGM音量をセリフとバランス調節したい

  1. クリップ選択
  2. メニュー > ウィンドウ > エッセンシャルサウンド
  3. ダイアログ(会話)ボタン、Musicボタン、各クリック
  4. プリセット選択と、各オプションでデシベル調整

スーパースローにしたい

  1. 60fps等の十分なピットレートで撮影したクリップを用意
  2. スローにしたいクリップのディレーションを25%程にする。(これをプレビューするとカクカクしているが下記レンダリング処理でなめらかになる)
  3. 「シーケンス > インからアウトをレンダリング」選択

ノイズを除去したい

  1. ノイズ除去したいクリップを右クリック
  2. 「Adobe Auditionで編集」選択
  3. 「エフェクト > ノイズリダクション > ノイズをキャプチャ」選択後「ノイズリダクション(スプリット)」
  4. 任意に編集(おすすめは波紋を表示させ、キャプチャ&スプリット)

参考https://helpx.adobe.com/jp/audition/kb/4377.html

タイムラインに動画が増えて管理しにくい

  • ネスト化すればいい(Aiでいう「配置」になる)。
  • これは、スタイル化(ライブラリ化)にも似ていて、同じロゴアニメを複数配置し、あとでいっぺんに変更できる、といった用途にも有効
  • これは、AfterEffectによる外部編集でもネスト化されたクリップとなり、AE編集の仕組み理解になる

タイムライン名(シーケンス名)を変更したい

左下のプロジェクトパネルからタイムラインを長押しし変更できる。

手ぶれ補正、手振れ防止エフェクトをかけたい

補正の前に、この機能は基本的に、ジンバルを使ったクリップをさらに補正したい、などの用途向けと割り切り、過激な手ブレは補正できないとあきらめよう。無理な補正はぐにゃぐにゃ不自然な結果になり使えない。
その他、

  1. エフェクトパネル > ビデオエフェクト > ディストーション > ワープスタビライザー、を選択
  2. 「滑らかなモーション」「サブスペースワープ」「スタビライズ・切り抜き・自動スケール」を選択(アドビ公式設定は、「滑らかなモーション+サブスペースワープ」となっている)
  3. 「サブスペースワープ」が不自然な結果の場合、「位置」を選択すれば改善される場合があるが、スケール変更され黒枠がでてないか注意すること。

モーショングロー、モーションエフェクト(=タイムラプスにブレを加える)

  1. タイムラプス(or 早送りした動画)のクリップの右クリックし「補間(下から8行目ほど) > フレームブレンド」を選択
  2. レンダリング

クリップ全体に同じカラーエフェクトを一度にかけたい

  1. 左下「プロジェクトパネル」の右下アイコン「新規項目」から「調整レイヤー」を選ぶ
  2. それにカラーエフェクト補正
  3. その調整レイヤーでクリップ全体を覆う

配置したロゴの移動

  • ダブルクリックすると、数値移動ではなく、マウスで自由移動できる

音声ゲインと音声レベルの違いと方法

ゲイン=音声入力値で、音声データそのものがもつ音量
レベル=音声出力値で、音声データをどれほどの音量で出力するか、の値

  1. ライブラリからゲイン調整する:ライブラリでフッテージを選んで、右クリック > ゲイン調整 > 0dBを変更
    タイムライン(こうすることで、TLに配置前に、元からソース変更できる)
  2. TLに配置後は、同じく右クリックでゲイン調整
  3. レベル調整は、キーフレーム上下を広げて現れるレベルベルトの調整で行う

特殊効果・エフェクト

ドリーズーム・トランジション(被写体に寄りながら、広角側にするストレス感ある演出)

VR感のある不思議なズームトランジション

JR Alli風のスーパーズームトランジション(AfterEffect使用)

人気VlogerのJR Alliが使用していると言われる、スーパードリーミーなトランジション。

フェードトランジション

Luma Fadeトランジョンのやり方(日本語)

Google Mapsを使ったフェイクドローン(6:10、9:12)

雲や飛行機が効果的。8:58にはLuma Fadeトランジョンを利用した瞬間日没があり参考になる。

パララックス(視差)を使ったスローモーション

下のフリーズタイムでさらにリアルに。こちらならPremieredだけでできそう。

パララックスをさらに高完成度な時間フリーズエフェクト

Premiereではないが参考になる。AfterEffectの3Dカメラを使い、モーショントラックを応用し手ブレも再現され、よりリアルなフリーズタイムエフェクトとなっている。

練習用の動画が欲しい

NHKクリエイティブライブラリで無料素材をDLできる(すかしロゴが入る)

カラーグレーディングとシネマルックについて

カメラ設定

  • 撮影方式:LOG(あるいはFLAT)・設定はNtural
  • フレームレート:24fps
  • シャッタースピード:1/50

グレーディングは主に下記LOOKが使われている

  1. ホラー=ブルー
  2. ラブストーリー=イエロー
  3. SF=グリーン
  4. コメディー=オレンジ
  5. バイオレンス=レッド
  6. ファンタジー=パープル

迷ったら、オレンジカラー=ブロックバスタールック(Blockbuster Look)。これは一番使われているLOOK。

ブロックバスタールックの作り方

  1. 白と黒コントラストあげ
  2. ミッドトーンをオレンジ側に
  3. シャドウをブルー側に
  4. 彩度、露出を調節
  5. ノイズ入れる

参考動画

Aidin Robbinsのカラーグレード(Premiereじゃないが参考に)

シネマスコープ(映画のアスペクト比)

Adobe AfterEffects

配置したaiのベクターを有効にし、画像を綺麗に表示する

クリップオプションの歯車マーク(爆発マーク?)「Enable “Collaps Transformation”(折り畳み変換を有効化?)」にチェックを入れる

地図アニメ

2.5D地図アニメ(点線がアリのように動く)

  1. 線を描く
  2. 線のレイヤーオプションから、線のピッチとオフセットを選ぶ
  3. オフセットのタイムラインにアニメの公式(:time*-80)を入力

地図にレーザービームのアニメ

フラット3D地球的な地図アニメ

Google Mapによるズームエフェクト

世界地図パス球面にマッピングしてを回す

スターダストモジュールの3Dパーティクルを使ったHUD風の地球

スターダストモジュールは3万円程度で発売中。フリートライアルあり。

Google Earthを使ったフェイクドローン

トラッキング

トラックモーション(平面的なマーク追従)

  1. 「アニメーション > トラックモーション」 選択
  2. 画面中央に現れたトラックポイントをターゲットにマーク(センターと全体)
  3. トラックパネルで、モーションターゲットを目的のクリップ画像に選択

参考:https://youtu.be/tqWWhChc8RA

3Dトラッキング(立体的なマーク追従)

  1. 新規トランジョン
  2. プロジェクトパネル
  3. 動画を読み込みタイムラインに配置
  4. 動画エリア選択
  5. メニューのアニメーションから3Dトランジョン
  6. +マーク選択し右クリック
  7. ヌルを作成
  8. pボタンでヌルの座標地を表示
  9. テキスト作成し入力
  10. テキストの座標値をpキーで表示しヌルと同じ座標地をペースト
  11. テキストのトランスフォームを任意に

3Dカメラトラッキングで、クローン忍者のような特殊効果

パーティクル

雪パーティクル

炎・火

統計グラフのアニメーション

円グラフ

棒グラフ(数値も連動)

このGFXfarmアカウントにはMapアニメやグラフアニメ、オープニングなど様々なenvotoテンプレートが発売されている。

棒線グラフ(数値も連動)

ロゴアニメ

タイポグラフィー・モーション

キャラクターアニメーション

車の走行アニメーション(下の歩行アニメやマラソンに応用できそう)

フェイシャルアニメ(2.5D的な顔の動きに注目)

AdobeAIを使ったキャラクターの土台である基本ポーズを10体描写

人物の歩行アニメーション

犬の歩行アニメ

水泳アニメ

重量挙げを例に、ゴムのような骨格アニメ

キャラクターアニメで関節骨格を作らないというアプローチ

版画風(グレイニー・グラディアント・エフェクト)

  1. グラデーションのあるクリップを用意
  2. 「Effect & Presets > Noise HLS(noiseで検索)」をクリップに適用
  3. Lightnessを10%程に設定
  4. 「Effect & Presets > Postarise(postarで検索)」をクリップに適用
  5. Levelを3程に設定
  6. 「Effect & Presets >Tritone」をクリップに適用
  7. ハイライト、ミッドトーン(中間色調)、シャドウ(影)を選択
  8. 上記、3つのエフェクト値を調整

版画風の毛虫アニメ

有機的なリキッドシェイプアニメ(糸を引くゾンビなどに応用)

DNAのフラットな擬似3Dアニメーション

キャラクターアニメを実写に馴染ませる処理

音楽に合わせて動くキャラクター

メルカリみたいなロゴアニメの参考になる6面図アニメーション

アイソメトリック(等尺投影法)によるフラット3DCGアニメ

服や髪の毛の表現に、波打つフラットイラストアニメ

はためくフラッグ

ページめくりアニメーション

折り紙のようなロゴアニメ

地図を広げたり畳むアニメーション

パーツが入れ替わり次々と変わるフラットイラスト

フリー音源・BGM(Youtube利用可、改変OK)

Audio Library  クレジット表記一部必要
NoCopyrightSounds
Spinnin’ Copyright Free Music
H/MIX GALLERY クレジット表記任意
和風アジアンテイストが充実。結婚式やフォーマルなイベント向き
DOVA-SYNDROME  クレジット表記不要
甘茶の音楽工房  クレジット表記任意

モーショングラフィックの最新トレンド

グラフィックアニメーション2018

テキストアニメーション2018

スポンサードリンク

この記事を書いた人

mojigumi

mojigumiの代表、コウです。
主に広告デザインを中心に、企画・出版・編集・印刷、Web制作をしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします